たわわ、たわわん*

TOUR MATSURI SESSION

b0042682_21264477.jpg

見るたびに、そのたびに言い続ける。
日本のバンドが全部座禅みたいだったら本当に困るよねしかし。
変拍子変拍子変拍子。変態ビート。
そのものすごくかっこいいビートを捕まえられないこのもどかしさったら!
それに会場に満ちた緊張感。ピーンと張り詰めてる。息をも潜めるというか。
それが毎回だからね。
初めて行ったライブでそのバンドの雰囲気を掴んだら
あとはこっちのもの!じゃないけれど、自分の楽しみ方を知るじゃない。
なのに、なんだか毎回衝撃を受けてしまうバンドです。
向井先輩の声もひとつの楽器だったりリズムだったりしているんだと思う。
きっとね。
向井先輩はかっこいい(はぁと)(アロハじゃなかった)。

シンプルで4人が中央にキュッとしたステージで。
いくつか上からライトがぶら下がっていたんだけれど、
あれがクリスマスの飾りつけとかでよく使う玉だったら
すごくよかったのに!と思った(別にそうでもないと言われたが)。
照明もほぼライトだけで、
たまに会場全体がオレンジやブルーになる程度。
映像や光でどうこうなんてものは一切なく。
でも、音楽と映像の融合とか、そういうものがあることによって
よりいっそう盛り上がるとか、思い出に残るとか。
いきなり銀色のテープが出てきて興奮とか、
みんなで同じフレーズを叫ぶとか。
それってとても楽しいし、ライブこその醍醐味だったりもするから、
演出なんていらない、音だけで勝負するべきだ!なんて言えないけど、
方向性が違うんでしょうね。だってコーネリアスとかすごいもの。
あと、最近のアナログのライブはうなぎのぼりに楽しいし。
でも、座禅に関してはそういうのはいらないよね。必要ないんでしょう。
もし、光と音との融合とかそういうことがあったら、
ポケモンショックみたいなもので倒れること請け合い(子供ですから受け入れられない)。

年末のご挨拶を心の中で済ませ、
幕張では18時にグッバイする予定だったけれど、
やっぱりダメ。見たい!もう一度見たい。
わたしだって本能寺で待ってるで踊りたいさ。
踊ってから恵比寿方面へ出動したいと思います。
みんなも、深夜のライジングでわけわからなくなって踊りすぎて
わたしのまわりに誰もいなくなったほどあの広いフロアで踊るがいいさ。
でも、ゆらゆら帝国のライブはきっと20時半とかその辺の時間帯で
一緒にやる人っていうのが、坂本さんのお気に入りとかってなると、
好きな人の好きな人って気になるじゃない?
だからその辺も含めて早くアナウンスを、、、(つまり未だ音沙汰無し)(きっと新木場で何かしらあるはず)(坂本さぁぁぁぁん!)

4の中で一番好きで聞きたかったSabakuを本編でやらなかったので、
なぜ!?と思っていたんだけれど、
アンコールでやってくれました。
非常に満足です。けど、幕張でも見たいという欲張り。
アンコールの前にトイレに行って戻ってきた時の
会場内の熱気のすごいことすごいこと。
中にいると気づかなかったけど、蒸れていたよ、すごく。

ここからは余談ですが吉田一郎くんが!
かわいくて仕方がないのです。
これはHonnojiの時なんですが、
向井先輩は本能寺で待ってると言い続け(そういう曲です)る間、
一郎くんが、前半ベースパートがないのかシンバルを!
敦さんの横に置かれた彼用のシンバルを
向井先輩の手拍子に合わせて一心不乱に叩いていたのがツボでした。
かわいい(そればっか)。
あと口をぱくぱくしてるの。歌ってるのかなんなのか。
でも、向井や敦さんへのまなざしはとても鋭い。
一郎くんはわたしたちのマスコットというより、もはや息子的存在に。
カシオは心の恋人。殿堂入りしたね。
肝心のギターを弾く左手が、後方からの強めのライトによって一切見えなくなるというアクシデントもありましたが、フライデーナイトではカシオダンスが今回は向井の陰謀(客を煽ったりするとみんなが向井に夢中になっちゃうっていうアレ)もなく、久々に見れました。
あんな大人しく(寡黙に?)ギターを弾く人が、あのようなおかしダンスを披露するなんて。
すき。
あとは、大五郎的なアレでのシャカシャカ@Asobi。
前の方の子なんて、自前のペットボトルで同じようにやってたよ。やりたい。
ゆらゆら帝国仲間(よくお見かけするので勝手に)の敦さんは
DARUMAのときタイミング合わなくて何度かやり直しがあった。
なんか座禅でそういうのって珍しいなぁと思ったりした。
そういえば、敦さんの後ろにでかい銅鑼(鐘?)があるなぁってずっと思っていて
あれをいつ何の曲の時にどうやって使うのか、やはり向井が叩くのか、
それとも敦さんがおもむろに移動して一発かますのか、
ものすごく楽しみにしていたのに、まさかのミラーボールでした。
想像力がたくましすぎる。
でもさ、ミラーボールって傍らにないでしょ、普通。
そこはかとなく上から降りてくるものじゃない。
アイワナビースイズユーのときくるくる回っていた。
向井先輩はなんだろう。
ジョンイル的っていうの?向井ジョンイル(いいすぎ?)(笑)
1人1人の個性が強いように見えるのに、でも鶴の一声っていうか、向井中心で進められたりしていくのをみると、鳥肌が立つよ。
逆らったりしないのかなぁ?
や、俺はもう少し叩きたいんだ!とかさ。もう少しやらせてくれとか。
なんだかいためつけられたい!と思う。
我ながら頭おかしいな自分、って思うけど。
あと、シンセでチャルメラを弾き、こちらに向かってニヤっとするのは
笑ってしまうのでやめていただきたい。
でも『わりと いや とても 楽しい(ニヤッ)』っていうのはすきです。

幕張でまたまぐわりたいと思います。
[PR]
by mocommune | 2008-11-20 00:00 | ライブ2008*