たわわ、たわわん*

立ち上がれ何回だって 手を鳴らしていこうぜ!

b0042682_2184478.jpgすばらしいツアーファイナル。
健ちゃんのスキップしながら弾くベース。
変な動き、そして顔芸。
下岡くんの楽しそうなこと楽しそうなこと。
ハローの時ですでに楽しくてうれしくて、
なんだかもういろんな感情を抑えることができなくて、涙が溢れた。
2人でも3人でも4人でも5人でもアナログはアナログなんだと思った。
アナログのライブって、わたしは汗をかくほど踊るってことはないんだけれど、
ライブ後はいつもグッときて胸が熱くなるこの感じが大好きです。


ハロー!とかかっとばせー!とかどーなんの?とか大声で叫んでその一体感もよかった。
アナログは、きっとずっとこんな感じで不安定なことなんてないように思える。
ナツフィッシュの時に下岡くんが
アナログフィッシュは2人になったけれど、
これからも僕らとみんなの関係は変わらずにずっと続いてくよ
って言ってくれて、安心っていうのとはちょっと違うかもなんだけど、
はっきりとそう言ってくれたのが、すごくうれしかった。
それから少し時間が空いて待ちに待ったこのfish your vibe!ツアーで、
間違いなくわたしたちはとてもいい関係を築いていること、
そしてやっぱりこれがずっと続いていくんだと実感したのです。

健ちゃんの新曲『ハローグッバイ』という曲、すごくよかった。
僕はこんな歳になっても晃やスタッフに素直になれなくて、そういう自分が嫌いなんだけど、でも、そんな心の中をそっとのぞいてみた曲ですと説明した。
健ちゃんらしい反則なメロディーにどこまでも伸びる声、泣きそうになってしまった。

そういえばアンコールの時、健ちゃんは側転を披露した。
あと、ビッツくんが一切見えなくて、わたしたちの中では想像上の人物化しています。
ライブ後、飲み物を交換しに行く時に、
今日はダイノジアンテナ働かないけど、絶対にいるよねなんて話していたら、
前方から歩いてくる大谷さんに遭遇。
やっぱりね。いるよね~。
大地さんもいるはずなのに会えなかったね(会ったからといってただの自己満足でしかない)(でも後に奇跡が生まれます)と話しながらクアトロの外に出たら、偶然フットボールアワーの後藤さんがちょうどタクシーから降りてくるところで、なんとなく目が合ってしまったので“ギター”と口パクで言ったら笑ってました(わかる人だけわかればいい)。
テレビで見たまんまの顔でした(当たり前?)。
同じ芸人さんだけど、わたしたちは大地くんに会いたい。

* * * * *

♪アナログフィッシュ*Clap Your Hands!



1.PARADOX
2.Hello
3.Clap Your Hands!
4.ほら
5.確信なんかなくてもいいよ
6.世界のエンドロール
7.新曲
8.無力のマーチ
9.ナイトライダー2
10.不安
11.LOVER
12.TOWN
13.ダンスホール
14.BGM
15.アンセム
16.Sayonara 90’s
17.ハローグッバイ

アンコール1
・夕暮れ
・スピード

アンコール2
・Life goes on

Life goes onの歌詞でとても印象に残っているところがある。

春を通り過ぎて
夏に置き忘れて
秋を寝過ごして
冬も通り過ぎちゃったよ
[PR]
by mocommune | 2008-11-01 00:00 | ライブ2008*