たわわ、たわわん*

エイジングビーフを喰らう

b0042682_1250492.jpg
最近よく耳にする『熟成(エイジング)肉』ですが 熟成(エイジング)方法にも種類があり
どちらも時間をかけて、肉の旨みが増すのをひたすら待つらしいのですが
今回伺ったお店()では
温度や湿度、風を調節する「ドライエイジング」という方法で
一定の条件のもと 風を当て続けることで肉が含む余計な水分を飛ばし
タンパク質やミネラルを凝縮させ 凝縮されたタンパク質をうまみ成分のアミノ酸に変えるんだそう
というわけで 話題の(?)熟成肉をいただいてきました!

b0042682_15551765.jpg
エイジングされている所を間近で見ると
これ、本当に大丈夫なのだろうか… 腐る前のお肉はおいしいっていうしね…
など 期待と不安が入り混じっていました(笑)

b0042682_1632432.jpg
サラダや
b0042682_164849.jpg
ポテト(上に乗っているのは 塩生クリーム! ちょっと珍しい)
b0042682_1651114.jpg
定番のアヒージョなどをいただきながら おしゃべり

b0042682_1344754.jpg
お願いしたのは 『真熟 牛モモ肉のステーキ(200g)』
脂身が多いと胃もたれるのではないかと心配してしまい 最近ロースやサーロインは敬遠しがち(ザ・加齢…)
水分などを飛ばしてうまみを凝縮しているのなら やっぱり固いのかなぁ?なんて思ってしまったのだけれど
普通の(熟成していない?)お肉よりは歯ごたえがありましたが 噛み切れないということもなく
(月並みですが)噛めば噛むほどうまみが出てくる という感じ
見た目は肉々しいですが 脂っこくなくさっぱりといただけました(わさびと一緒にいただくとさらに◎!)
店員さんからは 豚もオススメ!とうかがっていたのですが おなかと相談した結果 次回への持ち越しとなりました

b0042682_1622410.jpg
木曜日ということもあって ボトルワインは自粛してグラスでワインをいただいたのですが
グラスから香りを思いっきり吸い込めるワインは (わたしにとって)甘いワイン(=苦手)
という独自の手法で見極めているのですが 今回は赤も白も吸い込めたので ちと残念でした
ワインの味はよくわからないので 単に好みのワインに当たるといいなぁと思っているのですが
たまたまフィーリングで選んだものが 好みのワインであったとき
いろいろ聞いて 必死で覚えようとしますが 大体忘れてしまいます
ラベルの写真を撮ってコレクションできるアプリなどもあるそうなのですが 活用できていません
なぜなら 酔っているから!(笑)


b0042682_1663120.jpg
本当は、このお店ではなくて 別のお店に行こうと思っていたのですが満員御礼だったので
また少ししたら きちんと予約を入れて そちらのお店にも行ってみたいと思います!
[PR]
by mocommune | 2015-01-24 15:55 | おいしいもの*