たわわ、たわわん*

6月ソウル ソウル最後の夜はカンジャンセウ!

ソウル最後の夜は 楽しみにしていたカンジャンセウ!
カンジャンケジャンはよく聞くけれど カンジャンセウはあまり聞きませんが
ケジャン(カニ)がセウ(エビ)に変わっただけの エビのしょうゆ漬けです
b0042682_13415326.jpg
高速バスターミナルの着き せっかくなのでGO TO MALLをぶらぶらして9号線で新論峴駅まで

論峴駅と新論峴駅の間は「モクチャコルモク(食い倒れ通り)」と呼ばれているように
いろいろなお店が左右にとっちらかっていて(褒めています)
見ているだけで楽しくて どれもおいしそうで賑やかですし
どこに入ってもはずれがないような気がします
それに、日本の食事処だったらありえない営業時間ですが
食いしん坊な旅行者には この明け方までやっている営業時間に喜び
ゆえに、開店時間の遅さに泣くのも 韓国あるあるな気がします(笑)

てくてく歩いてお目当てのお店は『プロカンジャンセウ』
カンジャンケジャンの有名店『プロカンジャンケジャン』と何か関係があるのか
はたまたないのかは不明ですが なんとも韓国らしい名前の付け方

b0042682_13423950.jpg
まずはビールで乾杯して

b0042682_13435726.jpg
これこれ!
この 仏様のごはんのようなごはん(変な言い方 笑)が食べたかったのです
上げ底の湯飲み茶わんにご飯がちんまり
もちろんおかわりできるんだけれど なんせ一口でいけちゃう量なので
近くの男の子たちは 何度もお変わりしていて おもしろかったことを覚えています
(器を変えるという発想には至らなかったみたい 笑)

b0042682_1346272.jpg
カンジャンセウといっても 文字通りエビのしょうゆ漬けなのですが
つけだれに青唐辛子がたっぷり刻んで入っているので
たまに からーーーーい!ものにぶち当たりますが
概ね心地よい辛さとしょっぱさで ごはんが進みます(といってもあの大きさですが 笑)

b0042682_14403420.jpg
冷たいもやしスープも 単体だとよくわかりませんが
ピリ辛セウに当たった時の癒し系になります(ゆでたまごも♡)
話は違いますが わたしはいまだに水キムチのよさ(?)(意味?)がわかりません

狭い店内に お客さんがひっきりなしに入ってくるので 人気店とお見受けしました
日本だと 若い子がたくさん食べにくるようなお店には
やはり若い店員さん(世代にあった方)が働いているような気がしますが
韓国ってそんなことなくて アジュンマがせわしなく働いているイメージがあります
(カフェなどは別ですが こういうごはん屋さんなどは特に)
そのお陰で 不慣れなわたしたちは いつもアジュンマが手を焼いてくださるので
不自由なくおいしくいただくことができるので 感謝しています

:::お店:::
『프로간장새우 (プロカンジャンセウ)』
電話番号:02-547-4924
住所:서울특별시 강남구 논현동 166-4
    ソウル特別市 江南区 論峴洞 166-4
営業時間:17:30~翌6:00

ソウル最後の夜 おセンチになりつつ ホテルに戻りました
おまけに苦手なパッキン作業が待っています…
[PR]
by mocommune | 2015-01-19 16:34 |  ・・・2014.06月