たわわ、たわわん*

色即ぜねれいしょん

b0042682_14471089.jpg

【あらすじ】
「アイデン&ティティ」でもタッグを組んだみうらじゅんの同名小説を、個性派俳優の田口トモロヲが映画化。京都の仏教系男子高校に通う純は、ボブ・ディランに憧れる平凡な文科系男子。初恋の女子に告白できずに悶々としていた純はある日、童貞仲間に誘われるがままフリーセックス主義者が集まると噂される島へ行くことに。そこでオリーブと名乗る美少女に一目ぼれする純だったが……。ロックバンド「黒猫チェルシー」の渡辺大知が、映画初出演で主人公の純を好演。


ようやっと見てまいりました。
セックスはゴムをしなくちゃいけないし
ドラッグなんて絶対にダメ。
やっぱりわたしにもロックンロールしかなかった!

先生についてのレポートは、
内容を含みますのでたたみます。



なんだろうね、この変な気持ち。
変に気恥ずかしいというか、親心というかドキドキする。
全然関係ないのにね(笑)
話の流れからいって、これはもしかして・・・が的中。
まさかの家庭教師として登場した時、あまりの風貌に、
一瞬これは先生じゃないと自分に言い聞かせてみましたが、そんなわけいかず。
おもしろすぎて、上映中だというのに、友達と顔を見合わせて笑ってしまった。
お客さんはまばらだったんだけれど、彼が登場するや否や、
場内がざわざわしている感じが否めませんでした。
その後、登場するたびに衝撃を受け、くすくす。
見慣れるということはなかったです。
衝撃度から言えば、峯田くんの比じゃない(ただし、峯田くんも相当ひどい)。

まず、あの容姿でヒッピー役をあてがわれる悲劇ったらないんですが。
なんていうか、バランスの悪さ?
バーカウンターに座ってお酒飲んでる時なんて、
新手の遠近法!?と思ったくらいだし。
写真を見てもおわかりのとおり、
2人が並んで歩いた時も、なんだか顔が異様にでかく見えました。
もしかすると、大知くんの顔がすごく小さいのかもしれないけどさ、
先生がかわいそうとすら思ったよ。
岸田がおかし風だなんて、くるりのときは一切思わないし、
むしろかっこいい!とすら思っていたのに、なんなんでしょう。
画面がでかいから?
外の世界に出てみないとわからないってこともあるんですやね・・・

もしかするとセリフは違うかもしれないんだけれど、
「歌は歌わな歌やないんやで」
とか
「音楽は武器だ 通信カラテより強い武器やで」
って先生が大知くんに言うんだけれど、
トモロヲさんのインタビューで、
それを『岸田くんが言う』っていうことがよりリアリティがある
というのを読んで。
違ったかな。
岸田くんに言わせたかったって言ったのかな?
とにかく、役を超えて、第一線で活躍中の現役のミュージシャンが言うっていうね。
すごくしっとりとしたステキなシーンなのに、いかんせんヒッピー・・・
あとね、リリーさんがすっごくステキなお父さん役でした。
ずっきゅん。
[PR]
by mocommune | 2009-09-19 00:00