たわわ、たわわん*

風が強く吹いている

b0042682_14324344.jpg


【あらすじ】
天に与えられた“走る”才能をもった2人の若者が出会った。致命的な故障でエリート・ランナーへの道を諦めたハイジと、事件を起こし競技から遠ざかった天才走者カケルだ。ハイジはカケルこそが秘かに温めていた計画の切り札だと確信、壮大な夢への第一歩を踏み出す。それは、寛政大学陸上競技部の8人と、学生長距離界最大の華“箱根駅伝”出場を目指すこと。ところがこの競技部とは名ばかりで、8人は陸上から縁遠い上、漫画オタクや25歳の留年生、アフリカから来た留学生など、ユニークなキャラクターが揃っていた。だが、なぜかハイジは、自信に充ち溢れている。彼の編み出す緻密なトレーニング法と走ることへの信念、仲間への揺るぎない信頼が、皆を変えていく。やがて明かされる、ハイジの故障の理由とカケルが起こした事件の真相、そして8人それぞれが抱えてきた本当の想い。果たして、心を一つにした10人は、箱根の頂点に立つことができるのか?


試写へ行ってきました。
席について、フライヤーを見るまで
『一瞬の風になれ』と勘違いしていたわたし。
ハイジとカケルって神谷と一ノ瀬じゃないの!?と仰天してしまった。
思い込みって恐ろしいですね、、、
原作読んでいないので、読もうと思います。

この手の青春映画(?)には
きっと一生泣かされるのかも知れないと。
笑って、泣いて、手に汗握って。
実際はこんなに甘くないわよね、なんて思いつつ
まぁそこは映画だしね、と。
面白かったです、とっても。

そして、当たり前のように
今までノーマークだった小出恵介くんに夢中です。
だって、なんてったってミーハーですもの!
[PR]
by mocommune | 2009-09-30 00:00 | 月1映画目標*