たわわ、たわわん*

<   2009年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ありがとう さようなら さらに言うとあいしてる



幕張で、たくさんのミュージシャン達が志村くんを悼んでいるらしい。
アナログは喪章をつけ、民生は茜色、トライセラは陽炎を捧げたらしい。
民生が“茜色の夕日”を歌い、そして途中で歌えなくなった
というメールをもらった時、涙がこぼれそうで、胸が張り裂けた。
今からでも飛んでゆきたかったな~。
仕事なんかしてる場合じゃなかった。

ロマンチックだった夜に、とてつもなく悲しいニュースがやってきた。
2009年は悲しみが多すぎた。
だから1年を振り返りません。
幕張、楽しみにしてたのにな。
わたしは大人気なく、死を悼むとかありがとうとか、
まだまだそんな気持ちにはなれません。
最後に志村を見たのは、スパルタの解散ライブの時。
2階席から降りてきた時にバッタリ。
鮮やかなユニオンジャックのニットを着ていて、
この時のことをわたしたちは“ユニオンジャック事件”と言って
たびたび思い出して笑っていた。
お昼間に“こんばんは、フジファブリックです”とか、変な雄叫びとか。
今まで、思い出していたことが、一瞬にして思い出になってしまうのね。
悲しいなぁ。

スピーカーからは、こんなにも近くから志村の声が聞こえるのに。
考えても考えても答えはきっと出ない。
ちゃんと生きないといけないと思う。
死ぬかも、なんて生きていないけれど、精一杯生きないと申し訳ない。
明日はみんなに平等には訪れないってこんなにも痛感したから。
こんなに楽しかったGO FOR THE SUNも二度と見ることができない。

--

今日から幕張の予定でしたが、
いかんせん日々の疲れとメンツに・・・だったので、
わたしの本番は明日からです!(ひどいよね~)
来年からは日割りを見てからチケット購入します。

* * * * *

♪bonobos*GOLD
このステキな歌詞はボノちゃん。
幕張、楽しみにしていたけど、ポリが見納めちっく。
ボノちゃんワンマンも控えているしなぁ・・・
[PR]
by mocommune | 2009-12-30 01:47 | 今日のおはなし* | Comments(0)

ましっけった韓国 13

タクシーで明洞のミリオレまで戻ってきました。
またしても、お買い物。
スパーク。
そういえば・・・と、ミリオレ横のtabbyという新しいビルの中に、
かわいい靴屋さんが入っていると調べていたので
楽しみにしていたんだけれど、閉店が22:30でした。
ザンネン・・・
次回のお楽しみということで!

b0042682_1431184.jpg
そして出会ったホットク。
やっぱり滞在中1回は食べないとね!
生地が緑色のやつははじめて。
熱々のトロトロでやっぱりおいしかった~
[PR]
by mocommune | 2009-12-29 14:04 |  ・・・2009.12月 | Comments(0)

ましっけった韓国 12

さて、最後の夜のメインディッシュは、蟹ちゃんです!
今が旬と聞いていたし、
カンジャンケジャン、おかずについてくるのしか食べたことなかったので、
是非一度は食べてみたかった。
ガイドのおばやんが、明洞でもおいしいところがある、
って言ってたけれど、それは本当だったかもしれない・・・

b0042682_13422084.jpg
わたしたちは電車で狎鴎亭まで。
ここで、お買い物がてら新沙まで歩きます。
そして、サクッとわたしはゴヤールのバッグを買っちゃったよ!
うひょひょ~
また荷物が増えた~

前日に来たときは、もう真夜中だったので、
何も見ることができなかったんだけれど、
楽しみにしていたカロスキルへやってきました。
すごくハイソな毛皮屋さんがあって、冷やかしてみたり、
お洋服屋さんもたくさんあって、
東大門でも思ったけど、こんなに洋服にまみれているのに
なんか、どこかで見たことのあるようなものばかり。
おしゃれな人もなかなかいなくて(もちろん、ステキ!と思う人もいたんだけど)。
あと、1人で行動していても、日本人ってわかるのか、
お店の人、声をかけてこないよね。
それに、ニットとか広げると、すぐに元に戻されちゃう(触っただけでも)。
ここは日本じゃないからそういう違いはあって当たり前だけど、
あからさまに直されたり、舌打ちされたり、嫌な顔したりっていうのはね。
もともと韓国でお洋服を買うつもりはなかったのに、
いろいろ物色したわたしが悪いんだけど!

b0042682_13424387.jpg
そして、楽しみにしていたのがここ。
CREAの特集に載っていた、手作りのアクセサリー屋さん『dami』へ。
小さなお店。
ここで、かわいいロングのネックレスを1つ購入。
ただ、早速翌日つけたらものすごく長かったというオチが・・・(笑)
その場でイヤリングに加工してもらっている人がいたので、
もしかしたら、チェーンも短くしてくれるかも。
次回のお楽しみにしよう。
damiの詳細はこちら

あっちぶらぶら、こっちぶらぶらしつつ、
BABARAやFrench sole & London soleなどを覗いたり(かわいいの皆無)、
テレビで見たschoolfoodを見かけたりしつつ、
新沙に到着。

b0042682_13441256.jpg
途中にものすごくきれいなイルミネーション!
と思ったら、教会でした。

b0042682_13465647.jpg
やってきたのは、有名な『プロカンジャンケジャン』
儲かりすぎて(?)、きれいなでっかいビルになっていました。

b0042682_134718100.jpg
イスにも蟹ちゃんが。
壁には清原とか朝青龍がいます(写真で)。
遅い時間だったので、満席というわけではないけれど、
それでもひっきりなしに人は入ってきていて。
私たちは、カンジャンケジャン小とアグチム、
そしてケランチムを注文(クーポンを忘れた)。

b0042682_13473549.jpg
毎度おなじみの乾杯風景。
うまい!
この一杯のためにだけに生きています!

b0042682_13505067.jpg
そしてやってきたカニ!
オレンジ色の内子がとろけておいしい~

b0042682_1351649.jpg
そしてやってきたアグチム。
これが!
まっずーーーい!!
何これ、劇的にまずいんですけど(笑)
確かに、以前『馬山アグチム』で食べたアグチムが激辛(だけど激ウマ)で、
口から火が出る思いをしたから、
あまり辛くしないでってお願いはしたんだけれど、
ナポリタンみたいな感じになっちゃって。
うっそー!って声上げたもん。

アンコウがブルブル過ぎて気持ちが悪い。
身の部分が全然なくて、もやしばっかり。
しかも、得体の知れない何かが入っていて、
口の中で、カチッと割れるとビュっと液体がほとばしる、
なんとも奇妙な食材があって。
虫かな~、貝かな~といいつつ、
2つ目は箸が伸びません。
どんぐりみたいな形状。
新食感(いい意味では使えないけど)。
アップで写真撮ればよかった。

b0042682_13512046.jpg
ケランチムも、なんだかとっても焦げ臭く、
味も焦げっぽい(実際に焦げていた)。
これはもしかしたらガイドさんの言うとおり、
こんなところまでこなくても、
明洞のおいしいカンジャンケジャンのお店で十分だったかも。

まぁ、カンジャンケジャンはおいしかったけど。
でもね。
ちょっと納得がいかない。
カンジャンケジャンだけなら他にもっとおいしいところがあるはず。
口直しに飲みに行こう!と言って、早々にお店を後にしました。
だって、わたしたちの旅の最後のご飯がまずかったなんて、
そんなのは絶対にダメなんだから!

--

b0042682_13571786.jpg
いや、キミはおいしかったよ。
いかんせんアグチムがね・・・
これはあくまでわたし個人が感じたことなので、
同じように感じるとは限りません。
軽く読み流してください。
[PR]
by mocommune | 2009-12-29 13:12 |  ・・・2009.12月 | Comments(0)

ましっけった韓国 11

はちきれそうなおなかを抱えて、
東大門のDOOTAへ。
ここでわたしたちは、1時間くらいお買い物に没頭し、
次はおやつのお店へ。
といっても、すでに5時6時ぐらいだったでしょうか。
寒かったので、電車で一駅移動しようと話していたんだけれど、
いかんせん、おなかが空かないので、やっぱり一駅分歩くことに。
最終日とあってラストスパートです。

b0042682_1249226.jpg
ソウルには○○横丁とか○○通りというのが多くて、
その中でも新堂洞のトッポギ通りへ行ってみようと。
そして、おんなじトッポギ鍋でも、
三清洞の『モッシドンナ』とどっちがおいしいか
食べ比べをしてみようではないか!と。
トッポギ通りと書いてある(たぶん)電色の
一文字が消えてしまっているのが残念。
訪れたのは『マボンニムハルモニ・マンネアドゥルネ』

b0042682_12495688.jpg
元祖と呼ばれているお店らしく、中には人がたくさん!
アジュンマに連れて行かれて席に着き、
何人分?と聞かれてイインブン!と答えれば
あとはお鍋がドーンとやってきます。
具は、トッポギはもちろんのこと(メインだもんね)。
おでんに、ゆでたまご(頼んだ人数分の個数が入っていると思われる)、
それに、揚げ餃子(?)に、インスタントラーメン。
あとは、パスタのようなマロニーちゃんのような麺が入っていました。
もしかすると、トッピングできたりするのかもしれないけれど、
オーソドックスなものは以上が具。

b0042682_1250473.jpg
味は、真っ赤だけれどちょっと甘辛くて、後引くうまさ。
汁がどんどん煮詰まって、具に絡まって。
味が少しずつ濃厚になって、辛味も増しておいしい。
け れ ど !
やっぱり、モッシドンナの方がおいしいかな~
なんていうか、モッシドンナの方が、よりおやつ感覚で、軽いというか。
だって、食事と食事の間でも、2人でイインブン、ペロリといけて、
さらに、ポックンパまで。
こちらは、食事という感じがします(現に、家族連れも多かったし)。
3人連れのご家族は、サインブン(4人前)注文されてました。
お鍋の大きさは、どこも一緒なので、入っている具の量が違うのかな。

b0042682_12524564.jpg
パックごと出てくるたくあん(ぶれているが)

b0042682_12532429.jpg
そして、どんと置かれたやかん!
ダイナミックだよね~

ちなみに、エプロン(赤い花柄のやつ)付けて食べているのは、
わたしたちと、こどもだけでした!
次の横丁制覇は、卵焼き横丁かな。

--

お店:『マボンニムハルモニ・マンネアドゥルネ』

モッシドンナのトッポギ鍋
[PR]
by mocommune | 2009-12-29 13:00 |  ・・・2009.12月 | Comments(0)

ましっけった韓国 10

ひとまず、おなかがいっぱいになってしまったので、
東大門のもう一つのディープスポット、革の専門店へ。
オーダーで作れたり、既成のものだったりと、
所狭しと革・革・革!
ビルに入った途端革の匂いが半端ない。
その中の一つのお店で、
わたし好みのかわいいレザーのジャケットがあったんだけれど、
フードが付いていて・・・
フード、好きではないので断念。
結局、手袋を買うにとどまりました。
革製品、安かったです。
セーブルのストールが似合うようなマダムになりたい・・・
無理よ!と言われたけど!!

b0042682_12143623.jpg
そして、タッカンマリです!
もうお昼ごはんなのか何ご飯なのか、そういう問題じゃありません。
渡韓のたびにタッカンマリは食べているんだけれど、
来たのはここのお店ではなくて。
前回ここへ来ようとしたら、燃えていた!
そしてあっという間に復活。
なので、キレイに新しく立て替えられてから初のタッカンマリです。

b0042682_1215323.jpg
席に着くと、何人前(?)(何羽分?)か聞かれ、
イインブン!と元気よく答えてどーんと鍋。
チキンを丸ごと見るなんてことあんまりないからインパクト大!

b0042682_12153674.jpg
はい、かんぱーい!
これだけ乾杯しているのに、お気づきでしょうか。
1人、ビールが苦手な人がいるのです。
毎度毎度、お付き合いさせてしまって、申し訳ない。
彼女は、コーラかサイダーをいつも飲んでました。
辛いものに炭酸って合うよね~

b0042682_1219874.jpg
お父さんとお母さんが交互で面倒を見てくれるんだけれど、
お父さんとお母さんの言うことが少しずつ違って、
わたしたちはお母さんの言うことを信じることに(笑)

b0042682_12193721.jpg
しばらくするとぐつぐつ煮えてきて。
お母さんがはさみで鶏をちょきちょきダイナミックに切ってくれます。
タレ(タテギ・マスタード・お酢・おしょうゆなど)の準備も万端だし、
耐え切れなくなって、勝手に食べようとしたら、お母さんが飛んできた!
あと5分と言われたり、まだ食べちゃダメ!って言われたり。
お母さんの指示を仰ぎ、OK が出たときの喜びといったら!
食べやすい所から、そうでないところまで(笑)、むしゃむしゃ。
コラーゲン・コラーゲン言いながら間食。
最後は麺でしめました。
おいしかった~!

b0042682_12272498.jpg
この日が韓国最終日なので、ラストスパート。
これからおやつのトッポギ鍋(笑)
お店に行く途中に通る、焼き魚(タチウオ?)横丁。
香ばしいいい香りが。
次は、ここで焼き魚定食を!

--

お店:『陳玉華ハルメ元祖タッカンマリ』
[PR]
by mocommune | 2009-12-29 12:33 |  ・・・2009.12月 | Comments(0)

ましっけった韓国 9

b0042682_20191678.jpg
ではでは東大門は広蔵市場へまいりましょう。
もうほんとーに、わたしにとってはディープな世界で。
これぞ韓国、っていうのを垣間見ました。
ちょうどお昼時だったので、頭の上に大きなお盆を乗せたアジュンマが
お昼ごはんを運んでました。
道端に、食べ終わったお盆が置いてあるんだけれど、
それを鳩が食べてたりして。
そのうち羽が赤くなるんじゃないかと(笑)
真っ赤なスープを飄々とついばんでいるのにはびっくりしました。
鳥って、味、感じないのかな。

工事をしていて、出るはずだった出口から出られなくなったと言いつつ
道を間違えることなく広蔵市場に着くって、本当にお松ったらすごい。
中は、布というか手芸全般の問屋街(?)のようになっていて。
所狭しと布が積み上げられていました。
人1人が通るのもやっとな道を進んでいくと、

b0042682_20223967.jpg
突然屋台が現れます。
そして、ここだけに人が大勢!

b0042682_2023029.jpg
普通のキンパプとなんら変わりもしないのに、
なぜか麻薬のように後を引くからそう名づけられたという
『麻薬キンパプ』です。

b0042682_20231944.jpg
しかもね、ニセモノのお店がある(っていうのにびっくりなんだけど!)そうです。
看板とおいなりさんを目指して、たどり着きました。
おいなりさんは、日本のもとのは少し違っていて、
お揚げは甘くないし、ごはんも酢飯ではなく。
さっぱりとしたおいなりさんです。

ほとんど地元の女の子とかカップル、あとは大量に買っていくOLさんたち。
少し待って、4人並んで座りました。
ここで、キンパを2人分とおいなりさんを注文したんだけれど、
1人分が多いよね。
日本だったらきっとこれで2人分だと思うくらいの量。

どこよりもおいしい!
と言いたい所だけれど、キンパを食べ比べられるほど食べていないので、
なんともいえないけれど、おいしいのは確かです。
わさびの利いたタレにつけると、またおいしい。
それと、サービスでつくおでんのお汁(これもこしょうが利いてる)が
冷えた体に染み渡ってほっこりします。

--

お昼ごはん?:『麻薬キンパプ』
近くにも麻薬キンパプとうたっているところがあるので注意!
コネストの記事はこちら
[PR]
by mocommune | 2009-12-27 20:26 |  ・・・2009.12月 | Comments(0)

ましっけった韓国 8

b0042682_19495085.jpg
ソウル3日目も8時に起床!
お天気もいい!(寒いけど)
お腹も空いてる!!

b0042682_19505442.jpg
あさごはんは、男子ごはんを見て、どうしても食べたかったソルロンタン。
前回は里門ソルロンタンへ行ったんだけれど、
今回は近場の神仙ソルロンタンへ。
日本人御用達です。
だから、中に入ると日本みたいな雰囲気。
あっちからもこっちからも日本語が・・・
ま、何事も経験ですやね。

b0042682_19511576.jpg
ソルロンタン、おいしい!
でも、これってもしかすると、日本人用の味付けなのかも?
前回は、里門ソルロンタンへ行ったんだけれど、
こんな味じゃなかったような気がする。
もっとスープも白くて、おそうめんが入っていて、味がもっとなかった。
それと、ここのキムチがおいしいってよく見たんだけれど、
もっとおいしいキムチがあるはず。
プゴクのキムチもおいしかったし。

b0042682_19523039.jpg
終盤に、キムチとご飯を投入。
銀の器に入ってる割には、冷めてしまうのが早いので、
もう一度温めて欲しかったな~

--

この日は東大門へ行く予定。
午前中から行っても、お店開いてないでしょう
と、少し明洞でお買い物タイム。
ホテルの目の前にあるロッテ免税店へ行ってきました。

免税店自体はさほど混んでいなくて、快適。
でも、ヴィットーンは入場規制してました。
父がお誕生日を迎えるので、
お財布でも買ってやろうかと思っていたんだけれど、
男性用のお財布って、小銭入れが付いているとかいないとか、
お札入れだけとか、カード入れまで付いてるか
いろいろパターンがあって、父愛用の財布がどんなものかわからず、
結構こだわりがあるタイプなので、下見だけしておいて、日本で買うことにしました。
プラダのお財布かわいかったな~

b0042682_2081982.jpg
ここでわたしは一人免税店を後にしてAVENUELへ。
そうです!
トリーバーチの靴を買いに行ってきました。
サイズのことを言っても“あ?”と言われてしまうし、
両方の足で履きたいと言ってみても“あ?”と言われるし。
お互いに、なんだよコイツ!って思っていたと思いますが
無事、購入することができました。
日本より5,000円は安かったかと。
いい買い物したと、大満足で地階へ。

b0042682_208538.jpg
その前にトイレ(笑)
人もおらず、きれいでした~

1階にkate spadeがあって、
まさかケイトが入っているとは知らず、
もうすでに日本でかわいい指輪やピアスを購入しちゃっていたので
チラッと金額だけをいやらしく確認(笑)
若干、ソウルの方が安かったかな?(若干じゃなかったらバッグ買ってたとこ!)
でも、わたしの買った指輪はなかったし、
きっと、ポイントも付かないし、
わたしが買ったときはWポイントだったから・・・
と地階へ急ぎました。
でもやっぱりパテントのバッグ、かわいいなぁ。

b0042682_20114125.jpg
どうしても飲んでみたかったI’m REALというジュースと、
お松先輩がロッテマートで探してなかったという
キンパの具セット(?)(写真)を購入。
だんだん慣れてきたとはいえ、
ジュース1本にW2000となると、!!!って思うんだけれど、
200円しないんだよね、実際は。

ホテルに帰って、さっそくジュースをごくり。
濃厚で濃厚すぎて、ヨーグルトと混ぜて、
飲むヨーグルト風にして飲んだら抜群においしいと思う。
お土産用に買ったものは、そうやって飲もうと思っていたのに、
家に持って帰ってきたら容器が膨らんでいて、
キャップを空けたら爆発したの!ギャ~!

--

あさごはんのお店:『神仙ソルロンタン』
[PR]
by mocommune | 2009-12-27 19:55 |  ・・・2009.12月 | Comments(0)

ましっけった韓国 7

楽しみにしていた焼き貝も食れべて大満足。
せっかく江南の方へ来たんだから、少し飲んで帰ろう!と
カロスキルまでタクシーで移動。
本当は腹ごなしに歩く予定だったんだけれど、
もうね、風がびゅーびゅー吹いて、劇的に寒かった。
入ったお店が『ハンジャンエ・チュオッ』です。
ここも、どーんと薄暗いフロアーに人がぎっしりいて、
みんな大いに飲んで食べて喋って笑って。
普通の居酒屋さんみたいです(普通の居酒屋です)。
しかもね、働いてるのがおばちゃんばっかで、落ち着きます(笑)
江南だから、おしゃれなカフェやバーに行くのではなく、
こういう庶民的なお店に行ってみたいってリクエストしたら
お松先輩が見つけてくれました。
おしゃれなところは日本で十分!

b0042682_1454442.jpg
まずはビールでカンパイ!
ジョッキが3つなのは、1人トイレに行っているから。
目の前にビールがあったら、戻ってくるのを待てないという(笑)
しかも、普通にメッチュと頼んだのに出てきたのはCASSの生。
キャー!奇跡起きた~(大袈裟)。
CASSの生と思っていたけど、グラスがCASSなだけであって
もしかすると、中身は違うかもしれません。
日本でもよくあるよね、スーパードライの瓶ビールにキリンのコップとか。
寒い、寒いって言いながら、絶対にビールを飲むわたしたち。
だって、寒いのは本当に寒いけど、
乾燥しているからか、喉がからっからになってしまう。
そこへ、韓国の薄くて炭酸のキツイビールを一気に流し込むと、
すっきりして、すっごくおいしく感じるんだよね~。
しかも、全然酔わないのもポイント。
コートも脱がずにゴクゴク飲んでいました。
というより、コート脱がない人、多いよね。
お店の中も若干寒いし。

b0042682_14554271.jpg
ここは、青唐辛子の肉詰め(コチュティギム)が有名らしいので、まずはそれを。
辛くないとは言うけれど、少しは辛いんじゃないかなってドキドキ。
先っぽが辛いんじゃないか、とか
種が紛れ込んでたら絶対に辛い、なんて言っていたのに、ぜーんぜん辛くなく。
肉詰めって話だったけれど、なんとなく魚(いわし系?)のようでした。
周りの人たちは何を頼んでいるかな~とリサーチしたら、
フライドチキンと、鍋に入っている何かがほとんど。
チキンはもうお腹の具合がマックスに近づいていたので、
じゃぁお鍋の方を頼もう!とお約束のイゴ作戦!

b0042682_1456496.jpg
じゃーん!
お鍋の正体はおでんでした!
日本人として食べておかなくちゃね。
出てきた瞬間『これがおでん!?』
って思うんだけれど、練り物たくさんと大根が入っていて
おいしいやつでした。
屋台で食べるおでんと一緒。
でも、こうやってお鍋風に出てくるとは思わなかった。

近くにオネエな男の子がいて。
男2・女2の飲み会風なんだけれど、
そのうちの1人のマキダイ風男子を、3人が狙っているという図でした。
あからさまに狙っていて、マキダイ風もまんざらでもない感じが
目が離せなかったです。
それに、初めて韓国でオネエ男子を見ました。
目がキラッキラしていました。

そして、江南からタクシーでホテルまで。
週末の夜はタクシーが捕まらないって言っていたけれど、
江南からは、たくさん空車のタクシーがいました。
明洞から乗る人はたくさんタクシー待ち(というよりほぼ路上に飛び出ている)
の人がたくさんいて、15分くらい乗って700円くらいだったかな?
深夜なのにこの料金。まったくもって、信じ切れません。

b0042682_157418.jpg
明洞の露店で靴下を買ったりおパンツ買ったり。
チロ(愛犬)用にお洋服も購入。
前回はなんとなくイメージで買って失敗してしまったので、
今回はリボンで長さや幅を計って持参したので大成功!
両手に袋だらけになりつつ、ホテルへ帰ってきました。

b0042682_1594292.jpg
この日からコネクティングルームを使えるようになって、
大きさも変わらず、ただ部屋が繋がっているだけなのに、
すごく便利になりました。

--

お店:『ハンジャンエ・チュオッ』
ソウルナビの記事はこちら
[PR]
by mocommune | 2009-12-27 15:18 |  ・・・2009.12月 | Comments(0)

ましっけった韓国 6

b0042682_14163598.jpg
夕食は、お松先輩イチオシのお店へ。
ガイドのおばやんに、論峴洞に貝を食べに行く、
と話したら、目を真ん丸くしていたのを思い出します。
お部屋の前がロッテデパートで、電飾が半端ないんです。
ソウル全体がクリスマスイルミネーション一色。
クリスチャンが多いからでしょうか。
わたしたちは電車で論峴駅まで。
駅からまーっすぐに歩くと、そこはチョゲグイ(貝焼き)ストリート。
金曜日ということもあって、どこもかしこもにぎやかに混み合っています。

b0042682_1419988.jpg
お目当てのお店はここ。
なんという名前かはわかりません。
中はすっごくにぎやか!
そして、このお店がいまだかつてない完全アウェーな空間。
もし、わたしたちだけだったら勇気がなくて中に入れないかも。

b0042682_14193271.jpg
ドラム缶の上には焼き石。
寒かったので、暖を取るのにぴったり。
お料理を頼むのに一苦労したけれど(英語も日本語も通じません)、
かわいい男の子が一生懸命理解してくれようとして、
変な一体感が生まれたりしました。
言葉が通じないとなると、
なんで人って、一度はカタコト風に、日本語で喋ってみるんだろうね。
モリアワセーって何度か言ってみました。
思いっきり通じないんだけどね。

b0042682_14234189.jpg
ビールでかんぱーい!
ビールだけはどこのお店でも、問題なく頼めます(笑)
味は薄いけど、炭酸がきつくてスッとしておいしい。
ごくごく飲めます。

b0042682_1437897.jpg
最初にアサリのおすましみたいなものが出てきたんだけれど、
これが透明な液体のくせに、劇的に辛くて(左の金のボウルみたいなものに入ってる)。
でも、くせになってスプーンが止まらない、唐辛子パワー。
お家でもやってみたい、あさりのおすまし、鷹の爪入り。

b0042682_1425492.jpg
貝の盛り合わせが運ばれてきて、
石の上にバンバンのせて、ジュージュー焼いて
はふはふしながら食べます。
貝のほかには、さつまいも(目の前で石焼いもが!)、
アルミホイルのお皿みたいなものは、チリソースとマヨネーズ。
お好みで、貝に付けます。
それに、お刺身も出てきます(あわびちゃんでした~)。
もちろん、貝はお店の人が焼いてくれます。
上手にはさみを使って身のついていないほうの貝をパチンパチン。

ハマグリとかホタテとか、日本でもおなじみな貝もあったけれど
ちょっと正体不明の貝もあって、軽くロシアンルーレット状態(笑)
みんなが食べていた、焼き牡蠣も食べたかったんだけれど、
注文できず断念。
なんと言っても通じず、食べたい時に食べている人がいなくて、
イゴ作戦ができませんでした。
よく屋台で食べる、ムール貝もあるのかな~?って話していたけれど、
ムール貝自体、なんて言っていいのかわからず断念。
いろいろと断念しながらも、よく食べて飲んで、
近くの会社員のグループから焼酎もらったりして、結構楽しみました。
焼酎、一気に飲まないと失礼かな?と思って、
くいっとやったら、どよめきが巻き起こりましたけど何か。
女子はそうすべきじゃなかったのかな?

b0042682_1426313.jpg
最後に、鍋ごとラーメンが出てきてしめ。
ここにもアサリが入ってました。
アルミホイルに包まれたコグマ(さつまいも)もほくほくしていておいしかったな~

でも、おいしかったこのお店に是非お友達も連れて行きたい!
と思っても、わたしが連れて行ける自信はないな~
なので、もれなくお松付きです。

--

お店:名前はわからない(写真の外観です)けれど、
ケッポレチンジュの少し先でした。
[PR]
by mocommune | 2009-12-27 14:48 |  ・・・2009.12月 | Comments(0)

ましっけった韓国 5

b0042682_13455058.jpg
帰りは特急の電車に乗ることができて、
あっという間にソウル駅。
1時間電車に乗ってもW1600だから驚きです!
この金額じゃ、家から会社までも行けません。
交通費が驚くほど安い。

ここで、ロッテマートでお買い物。
食料品を買い込みます。
伊藤さんがリュックだったので、
入り口でロッカーに預けるように注意を受けました。
同じ大きさのバッグの人はスルーしていたけれど、
運の問題でしょうか?(笑)(万引き防止らしい)
のりは、日本でも買えるからかさばらないものを、
と思っていたのに、結構かさばるものを買ってしまった。

b0042682_13564758.jpg
中でも、一番気になっていたよもぎ蒸しナプキン!
これをさっそく買ってみました。
この日のソウルも、とっても寒かったので、
店員さんに、今日から試してみたら?と言われたんだけれど、
滞在中に、まさかのおなご週間突入で、未だに試せていませんが、
使い方は箱の裏側に書いてあります(もちろんハングルなので、フィーリングで理解)
ただ、万一、低音やけど的なことになった時に、なんて説明しようかと。
だって、なぜそこをダイレクトに温めようと?という話になっちゃうからね。

b0042682_13581429.jpg
あとはこのMarket Oのブラウニー。
ホテルで食べようと思ってたのに、
そんな暇も、お腹の余裕もなかった。

b0042682_140571.jpg
そしてゆず茶。
小分けになっているからとってもいい。
この辺の3つは、日本人用の特設コーナーが設けられていて、
そこに置いてあったので、広いフロアをうろうろしないで済みます。

あとは、頼まれていたコーン茶やガムなどを大量に購入。
それと、行きの電車の中で食べられなかったみかんも買って、
みかん欲を満たします。
量り売りで、なおかつおまけもしてくれました。
持って行った巨大エコバックが大変役に立ちました。
ソウル駅から電車に乗ってホテルまで帰ります。
帰りに、お松の韓流仲間ののりこさん御用達の地下道、
通称“のりこロード”で、またしても小さな雑貨や、
買わないつもりだったのりなどを買い込みました。
[PR]
by mocommune | 2009-12-27 14:10 |  ・・・2009.12月 | Comments(0)