たわわ、たわわん*

<   2007年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

クワイエットルームにようこそ

b0042682_1311656.jpg本当は“めがね”を見る予定だったんだけど、予期せぬ定員オーバーで急遽変更。
しかも、イトシア内にできた新しい映画館だったので、なんかすごかったです。
何がすごいって、時間がギリギリだった上に、水曜日なもんで、席が一番前だったんだYO!
生まれてはじめて、一番前。
いつもだったら絶対次に繰り越すんだけど、映画のあとのお楽しみがあったので、うまく時間もつぶせないし、もう見るしかなかったのです、一番前で・・・
本を読んだときは、そんなに面白くなかったんだけど、映画はすごく面白かった。
すっかり内容を忘れていたから思い出しつつ新鮮で、なんか二度おいしいって感じ。
蒼井優がすごくよかった。
クドカンも雰囲気満点だったし、何よりハリセンボンの箕輪さんが最高でした。
演技じゃないもん、素だよ、素。

映画を見終わった後は、体がなんかおかしかったです。
目もすごく疲れたし、わたしは一番前でも一番端の一番前だから、出演者全員が右肩上がりに見えました。
あんなところに席作るなよ、と言いたいような席。

10月も今年の映画の目標達成。
今月は試写会を含めると4本も映画を見たことに。
あ~。めがね早く見たい!
[PR]
by mocommune | 2007-10-31 00:00 | 月1映画目標* | Comments(0)

落合さんのレストランへ行ってきたのです

b0042682_1333335.jpg日本一予約の取れないという、落合さんのレストラン“ラ・ベットラ・ダ・オチアイ”へ行ってまいりました。
映画を見てから食事をしようと決めていたので、予約は案外さくっと。21時半からの予約だったんだけれど、かなりの混雑ぶりでした。
本当にこんな所にお店があるの?というような場所にひっそりと、それでも活気が外にまで伝わってくるようにお店はありました。
そして、噂には聞いていたけれど、メニューの数が半端ない上に、本日のおススメまで用意してくれちゃってます。
この中から1品しか選べないなんて!と、ちょっとくらくらしちゃった。
わたしは、何を頼んだのかさっぱり覚えていないんだけど、前菜が白レバーのサラダ、パスタはうにのクリームパスタ、メインは本日の魚料理(真鯛のなんとか)だったと思う。
さすが、イタリアンなだけあって非常にボリューミー。
食べきれないくらい。
これで、3,990円というのは安い。
味は普通です(笑)
特に、劇的においしい!ってほどでもなかったです。
4人でそれぞれ違うものを頼んだから、ちょこちょこ色んなものをつまんで楽しめました。
パンはとーってもおいしかったです。
あとね、ワインをサーブしてくれる人が毎回こぼすのが気になった。
忙しいからしょうがないけど。
b0042682_1325414.jpgb0042682_1324162.jpgb0042682_1322776.jpg

落合さんはほとんど毎日お店にいるそうです。
気がつくと目で落合さんを追っていて、目が合うとにっこり笑ってくださいました。
やさしくて、いい人でした。

次回のグルメ部は、ヒロ チェントロに決定!
[PR]
by mocommune | 2007-10-31 00:00 | おいしいもの* | Comments(0)

この悲しみをどうすりゃいいの 誰が僕を救ってくれるの

最近驚いたことといえば、民生のゼップ公演が一般であっさり確保できたことかも。
同じ日に、一般で2つもチケットを取らなくちゃいけなかったから、心配してたんだけど、割とあっさり目に。
わたし凄腕なのかも!?と天狗になっていたのがいけなかったのでしょうか。
週末にチャレンジした一般発売のものは瞬殺だった模様で、手厳しい洗礼を受けた次第です。
しょぼーん。
いいもん。
いまにみてろよって気分。
こんばんわ。

スピッツの、「群青」っていう曲が、とても好きやー。スピッツを好き、って公言することには大変抵抗がある(到底かないやしいひんけど、変な対抗心がある)けど、この曲ばかりはシングル買うてもうた。悔しいけどええ曲やー。
でしょ~~~
岸田先生わかってらっしゃるー!
これは10月28日の岸田日記より抜粋です。
わたしなんか好きすぎて振り付けマスターしちゃったもんね!(それはどうなのか)

ユニコーンのトリビュートはすごいね。
血が騒ぐよ。
ユニコーンは5人編成だけど、カバーするバンドは人数なんてバラバラじゃない?
キャプストは3人だけど、サポートメンバーフル活用でラッパの音までカバーしてみたり、トライセラは3人だけでいい感じにトライセラの歌みたいになっていたりする。
なんか、ヒゲとボインが甘いんだよ、和田くんが歌うと。
ヒゲとボインがよ?僕の見てる目の前でボインに手を出した~がよ?ありえないよね。
意図せずフジのように、ユニコーンと同じ編成だからか、なんかすごくそれっぽい感じに仕上がっている。志村の鼻声がとてもいい。いや、選曲がよかったんだと思う。
ケダモノの嵐を初めて聞いた時、スピーカーの左右で出ている音が違う!って大興奮したことを覚えているから、そこを期待していたんだけど、そこは違った。やっくのばか。
あれは、民生のアコギがカッコいいのにねぇ~。
まだ興味のあるものしか聞いていないんだけれど、わたしはモンパティの大迷惑が一番好きです。沖縄のお祭り騒ぎな感じが大迷惑にぴったり。
あと与える男なんて、ドキっとしちゃった。
民生は結構伸ばし気味に歌うけど、ロビンソンはカツカツって歌うのね。
キャプストのペケペケはあまりに全力投入しすぎなので、笑っちゃったけど“テディベア~”のベア~の部分の民生の歌い方がすごく好きだったので、永友くんの歌い方がすごく近くてきゅん!とした。
あぁ、永友くん、髪の毛切ったかなぁ・・・

『ケダモノの嵐』というアルバムでわたしはユニコーンを知り音楽に目覚めた。
あの時に衝撃を受けなければ、ユニコーンに出会っていなければ、こんなにも大人気なく音楽にのめりこむこともなかったし、音楽でつながった輪も、結束もなかっただろうと思う。
大好きなバンドの解散や脱退ニュースの悲しみも知らなかったろうし、チケットを手配するやきもきや達成感や怒り、テレビや雑誌にたまに出たときの、まるで身内感覚なこそばゆさとか、ツアーやライブ告知のわくわくした気持ち。
曲を聞くたびに思い出す情景やその時の感情。
気づけば東京のライブハウスやホールで行ったことのない場所なんてないかもしれないし、思い立ったら飛行機に乗ってまで飛んでいくという、いつの間にか身に付いたこの行動力。
ライブ前のドキドキ感や、わけのわからぬ衝動、暴走する心、どんなに疲れていても音が聞こえれば踊りだす体、新曲を待ちわびるもやもやした気持ちも味わえなかったと思う。
だから、やっぱり永遠のアイドルです。
全部が全部、ユニコーンのお陰とは言わないけれど、きっかけであることは確かだから、感謝します。
それと、中学2年生の時に、持って帰るのが面倒くさいからといって、アルバムを半ば強引に貸してくれたお友達にも心より感謝します。
彼女のおかげでわたしの人生変わりました。

民生カバーの方はまだ聞いていないので、お楽しみにしておきます。

* * * * *

♪ユニコーン*大迷惑
[PR]
by mocommune | 2007-10-29 20:47 | 今日のおはなし* | Comments(2)

転々 、、 てんてん

b0042682_2027589.jpg
『転々』見てきました。
見たい映画の試写会が当たるなんて、本当にラッキー。
時効警察が大好きな人は見るべき!
すごいおもしろかった。とてつもなく。
もう1回、お金を出してもいいから見たいと思った映画でした。


* * * * *

そういえばトートバックを買った話をしていなかった。
10月10日=転々の日にトートバックが発売されて、そのうちの一つがなんと、我が社の近くで発売されると聞きつけ、伊藤さんをオダギリジョー名目で誘い出すことに成功し、2人で張り切って旅にでました(大袈裟)。
本当は、自転車で行きたかったんだけれど、鍵をなくしかねないという理由から、庶務より自転車の貸し出しを拒まれ(鍵をなくしたのは俺じゃないのにひどい誤解)歩いていくことになりました。
これが地図を読めないわたしたちにしては、結構順調に進んで行くのですが、前を歩くOLたちがみんなバックを狙っているんじゃないかという被害妄想、小走りに店に向かうのであります。
実際は、みんなランチに行く人たちだったけど。
小さな雑居ビルの中にお店はあり、ポスターも貼ってあったりして興奮。
さくっと購入。
このときは、バックにしか目がいかなかったけど、このお店、結構かわいかった。
あぁ!うちの会社の近くにもこんなにステキスポットがあるんだと、いい発見でした。
お店から出ると、女の人が慌ててビルの中へ入っていたので、伊藤さんと顔を見合わせ、慌てなくても大丈夫、まだたくさんあるよ~と小声で言いながら笑いました。
そして、お店の近くにあった東神田ラーメンでお昼を食べたんだけど、ここがとってもおいしかったの。あれから2回通いました。

ちなみにこのトートバックは、山ちゃん(元上司)が会社に遊びに来たとき、
お土産にもらった納豆を持って帰るのに使ったのがデビューです。
[PR]
by mocommune | 2007-10-26 00:00 | 月1映画目標* | Comments(0)

明日は何か起こるだろうか? それとも今日と同じだろうか?

b0042682_12222185.jpg
毎年恒例のかぼちゃ祭へ行ってきました。
今年は、去年ハロウィン当日に行ってえらい目にあった教訓を生かし、なんとなく混みそうな日にちを避けたはずだったのに、劇的な人混みでした。
もちろん、わたしたちは乗り物だって『これに乗りたい!』って決めたものに乗れれば満足で、あとは買い物に走るだけなんですけど。
まぁ、この時期といえば、ハロウィン仕様のホーンテッドマンションに乗れればもう90%任務は遂行したも同然なわけです。
今回は、オアゾでまず古奈屋のカレーうどんを食べてからいざ舞浜へ。
もう、この時点でだいぶ出遅れている様子ですが気にしません。
駅からディズニーランドへ向かう途中、帰る人たちの数にビビリましたがお構いなく入場。
さりげなくチェックした中止のアトラクションにスプラッシュマウンテンが入っていたのが残念。
中に入ると、ちょうどパレードの最中だったので、お目当てのホーンテッドマンションへどうやって行っていいのかわからなくなるというダメさを発揮、近くにある乗り物に手当たり次第乗ろう!と意気込んで選んだものが、ジャングルクルーズ。
よりによってであります。
確かこの乗り物は、迫り来る動物からお兄さんがわたしたちを守ってくれる、という夢のある乗り物だったはずなんですが、なんていうか彼から繰り出されるダジャレ的なものにげんなりしたり、危なーい!と銃を放った相手がカバ(思い出の中ではもっと猛獣系だった)、あとやたら大げさなリアクションや高いテンションで話しかけてくるなど、ある意味新鮮でした。
あとは、夜なのでどこになにがいるのか基本的によく見えないという致命的な、でもそんなこと乗る前によく考えたらわかるはず!な罠が待ち受けていたわけです。
船を下りると友達が船酔いというダメージを受けていたので笑いました。
そして、近くにあったビックサンダーマウンテンに乗ろうと歩いていくと、トラブル発生か何かで、現在ご案内できません、と。
じゃぁしょうがない。お目当てのホーンテッドマンション。
80分待ち。衝撃的。めんどうくさい。
並んでいる最中、急に霧というかマイナスイオン的なものが、わぁ~っとかぼちゃのところから出てきて、きっと一定の時間がきたらそういうのが出るというしくみなんでしょうが、あまりにもそれが大量に出てくるものなので、どよめきました。
途中花火が打ちあがったのに、ちょうど並んでいる真上に打ちあがっていたようで(屋根つき)、見れず。しょぼーん。
でも、ホーンテッドマンションから出てきたら、ちょうどパレードが出てくるところにぶつかり、ミニーちゃんが手を振ってくれた、俺に(妄想)。きゅん!
意気揚々と、じゃぁ次!とプーさんの所に向かうと、大量のベビーカー。
そりゃそうだよね、、、な雰囲気満点だったので、スペースマウンテンへ。
ここも、混んでいたけど、やはりキャーキャー叫びたいという理由で並びました。
確か、スペースマウンテン、工事中だったよね??
どこが変わったのかわからなかったけど、乗ってみたら、最後の方すごくスピードが早かった。
キャーキャー言いながら、早い!早い!と。
感想が早いって・・・
結局、出てきた時間が10時すぎていたので、今回乗ったのは3つ。だいぶ満足。
あー。でもカリブの海賊でジャックを探したかったかも。

別に、ディズニーランドが嫌いとか苦手ってわけじゃないけど、そんなに思い入れもない。
行ったら行ったで楽しいし、はしゃぐけど、ビールが飲みたいと平気で思うしビールが飲みたかった。
ディズニー大好きな後輩は、アフター6で行くだけで、損してる!なんて思うみたいだから、このだらだらしたわたしたちの行動なんてまるで理解できないでしょうね。
ま、理解してほしいなんて思わないけど!

* * * * *

♪アナログフィッシュ*Living in the City
[PR]
by mocommune | 2007-10-25 00:00 | Comments(0)

りんりんりん りーんりんりん さみしい気持ちの答えだよ

思い切ったこというようだけど、
アルバム『ワルツを踊れ Tanz Walzer』のレコーディング地・オーストリアはウィーンより、アルバム制作を共にしたウィーン・アンバサーデ・オーケストラを招いての、スペシャル・ライヴが決定しました!
この『ウィーン・アンバサーデ・オーケストラ』ってのを
『トーキョー・スカパラダイス・オーケストラ』にしてもよくない?(よくない)
だってー。
ジャイアン、フルート、吹けるじゃん(いいがかり)。
こんばんわ。

今朝、早くも年賀状買いますかアンケートが回ってきました。
もうそんな時期なんだ。
ううー。

さてさて。
くるり界隈より、すごい話が飛び込んでまいりました。
やるねぇ。
パシフィコは一般で取れる気がするからギリギリまで悩んでもいいよね。
岸田先生の『何かでっかいことしてやろう』発言(そんな言い方してないけど)に関しては、勝手に“単独でカウントダウン的なこと(しかも西の方で)をやるつもりだな”って思ってたからびっくりだよ。
多分ロキノンからは卒業したんだろうね、彼ら。
いいもん。俺はロックンロール少年院で2008年を迎えるんだから(ただし、おかっぱもアナログ的な仕打ちを受けかねないが)。
小さいにもほどがある場所ではやめていただきたい。
リキッドルーム希望(ただすきなだけ)。
あと、12月は音楽より酒を好む人種なので日程も考えてほしいところ。
上海にかぶってくれたら行けないってすんなり諦めつくから最高なんだけど。
ま、その代わり恨むけど。
恨むんだけどね、どっちにしろ。

やーそれにしても、28日に関してはほんとがっかりだよね。
昨日はハナレちゃんで胸がいっぱいだったから、年末のことなんて眼中になかったんだけど、友達からのメールで会社に行く気力失ったも。
何これ。
座禅もキャプストも民生もお面もフラカンもモーサムもバイン先生までもが!
やっぱり年末はゆっくりと休みたい的なそういう。
なんで揃いも揃って28日なのか。
意味がわかんない。
ブーブーブー!
どうしよう、おかっぱとユアソンがかぶったらって、そこが一番心配。
あとは、ゆらゆら帝国とかぶるのがレミでありますように・・・という祈り。

ずっと寝不足だったから、今日は早く寝ます。

* * * * *

♪くるり*Ring Ring Ring!
[PR]
by mocommune | 2007-10-18 20:29 | 今日のおはなし* | Comments(0)

ここでしか見れない景色 ここでしか吸えない空気

b0042682_20341855.jpg

弾きが旅だよ人生は!
すばらしかったです。
自由で温かくて、キャンプファイヤーのようでした。
でも、きっとハナレちゃんやバンドのメンバーの雰囲気がそのまま出ていたんだと思う。
アンコールが終わっても、まだまだ聞きたい!と思った。
5時間くらい聞きたいよ。歌い続けて欲しい。
ゲストで出てきたビッケとアニとボーズ。
ビッケはナタリーを歌ったんだけど、ソウルセットでもこんなに喋らないのに!といいながら饒舌におしゃべりしてた。
洋服が枯れ木カラーでした。
スチャダラパーは衣装がハローワークス。
アニがモップをかけながら登場。
ブギーバックだ!って思うから、わくわくしちゃうよ。
けど、某ちゃんねるにも書かれていたとおり、サプライズ度で言えば、もう荒吐を超えることはないと思う。
あれは本当にすごかった。神がかってたも。
今夜のブギーバックも相当に盛り上がったけど。

そうそう、岸田先生にお願いごと。
『男の子と女の子』をハナレちゃんにあげてください。
いや、もうハナレちゃんに提供ってことでいいのではないでしょうか。
くるりでこの曲、もうしばらく聞いてないから特にそう感じちゃう。
ギター1本で歌う男の子と女の子、しびれちゃう。
すばらしいですのう。
ハナレちゃんも岸田も。

須藤くんが言っていたように、感情って毎日更新していくね。
今日が一番でも、また今日も一番が塗り替えられる。

* * * * *

♪今夜はブギー・バック (smooth rap)*スチャダラパーfeaturing小沢健二

セットリスト
[PR]
by mocommune | 2007-10-17 00:00 | ライブ2007* | Comments(0)

君を歌うよ 小さなことが 大きな光になってくように

サーモンが好きです。
お昼に立ち食いのお寿司屋さんへ行ったんだけれど、いつもサーモンをちょっとしか置いていないので、せいぜい2回くらいしか頼めなくて、むぅぅ...としつつも、大将がいつも甘い卵焼きをサービスしてくれるので、まぁ百歩譲るか!と思っていたんだけれどね。
すごい卵焼き。プリンみたいなの。
それが今日はたくさんあったので、思い切って8貫ほど食べた。
考えたら、サーモンとイカしか食べてないや。
大将にも“好きですねぇ”と言わしめたので、多分、記憶に残したと思います。
陰でサーモンの人、とか言われても全然気にしないし(実際サーモンの人だし)。
注文するたびに伊藤さんは大爆笑だったけど。
11月1日はお寿司の日らしいので、また食べに行こうと思う。

おやつにいろんな味の八ツ橋が出たんだけど、八ツ橋はあんこ以外はっきりいっておいしくないよね。
聞くところによると、サイダー味とかあるんだってね。
ばかかって思っちゃう(興味あるけど)。
あんこ嫌いな人を想って、あんこ以外の八ツ橋をおみやげに買ってきてくれたので、初めて柿味なんていうのをチョイスしちゃったけど、おいしくなかった。
ゴマもクリもあんこには勝てません。
あんこ!あんこ!あんこが食いたい!

今日からくるりんこちゃん×ウィーン(大雑把)の予約が始まっています。
何この暴挙。
いや、もうなんか周りはさ“スカパラとかぶったー!”なんてぷんすかしてるんだけど(若干1名はひくくらいの大激怒)、わたしはひそかに座禅とかぶってるんだよね。
ちょっと言いづらかったけど。や、座禅は12日だからね。
絶対に向井先輩は譲らない!
だから11日は行けるけど『ふれあいコンサートファイナル』なんていわれちゃうと、もう一度言ってもらえますか状態。
俺たちのツアーファイナルを返せー!(笑)
ファイナルは栃木じゃなかったの?とか、ゆらゆら帝国だってハマヨコは土曜日という配慮なのに、くるり先輩といったらクソ忙しい12月中旬、しかもド平日な上に、パシフィコ方面っていうのは一体どこの何様なのですか?という身勝手な怒りを伴っていますが、単にあっち方面へ行くのが面倒くさいというのが最大の理由なのはヒミツの方向で、できたら生中継的なものを希望、むしろ切望しておる次第でございます(見逃すor見れる環境にないところでオンネア)。
でもね、行ったらきっとステキな思い出2007がまたひとつ増えて、体中がくるりに満ち溢れ、いい感じで年の瀬へ向かっていけるような気がするんだけどね。
あー。暴走がゆえ、誰かに後押しされたい。
うーん、あとついでにスパルタの対バン相手はもう少し内緒にしておいて欲しかった。

上海。
本当は、仕事終わりに飛ぼうと思って(←この考えが今となっては謎)夜の便を押さえていたんだけれど、大きなスーツケース抱えて通勤ラッシュの殺人電車には乗れません=休みたいと申し出たところ、あっさり承諾されてびっくり。
気が変わらないうちに飛行機の時間も変更しちゃおう!と思い、昼間の時間に変更しちゃいました。いぇい。
夜より昼の方がパンダジェットの確立高いかも。
これで1日目に時間に余裕ができたので色々考えねばデス。
上海雑技団、というより、京劇、の方が見たいし、
蘇州、より、七宝、へ行きたい、とかいろいろ。もろもろ。

ゆらゆら帝国の新譜を各方面へ配布したら、スピッツとスパルタになって帰ってきた!
すばらしい物々交換。

あさってはハナレちゃん。

* * * * *

♪SPITZ*僕のギター
[PR]
by mocommune | 2007-10-15 22:49 | 今日のおはなし* | Comments(0)

試写会へ行ってきた

b0042682_16483844.jpg

なんとも試写会づいていてうれしい限りです。
まず1本目は『ヘアスプレー』
観たい!と思っていた映画だったのでラッキーでした。
はじめは、まさか全編歌うんじゃ・・・とオェーな気分になったんですが、気分がノッてきたら歌い出す、という程度。
ホッとした。
主人公の女の子がかわいいのと、ジョントラボルタが!!
出てくるたびに、ジョントラボルタだ!って頭の中で叫んでました。
最近涙腺がゆるいから(年のせい?)か、最後ちょっと泣きました。

2本目は『自虐の詩』
よみうりホールがてっきり西武の上にあると思ってしまい、時間ギリギリまでお茶してたら違うという罠で、あそこからよみうりホールまで猛ダッシュで4分という快挙!
最初のうちはCMがあるから・・・なんて高をくくっていたら、始まってました。。
泣ける4コマ漫画の映画版(?)と聞いていて、まさに内容も4コマ漫画的な感じ(4コマ目で落ちる)で自虐的。
“こんなに面白いのにどこで泣けるんだろう?”って思っていたのにまんまと泣きました。
もう号泣なの(笑)。
慌てて中に入ったし、真ん中の方の席だったから、トイレの心配をしていたんだけれど、面白くて時間を忘れたので気にならずにすんだ。
これで面白くなかったら、映画半分、トイレ半分だったと思う。

2本ともとても面白かった。
今月も映画を映画館で見よう目標達成、ということにします。

金曜日、ついでにイトシアも見学してきました。
クリスピークリームはやっぱり韓国に行ったほうが圧倒的に早いしおいしいと思う。
[PR]
by mocommune | 2007-10-12 00:00 | 月1映画目標* | Comments(0)

僕の 心が 反応している

b0042682_22592969.jpg

真っ赤な坂本さんが、ギターを持たずにハンドマイクで1曲歌いました。
見てはいけないものも見てしまったような気分。
衝撃的で、ドキドキしました。
最近のすばらしかったランキングを塗り替えたライブでした。
神がかっていたというか、神様でいいと思う。
最高にカッコいい夜でした。

* * * * *

♪ゆらゆら帝国*まだ生きている

セットリスト
[PR]
by mocommune | 2007-10-10 00:00 | ライブ2007* | Comments(0)