たわわ、たわわん*

<   2006年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

この気持ちが止まらないように

それゆけずんだガール!
というわけで、まZEEPご飯のおかわりは、仙台で。

くるりに会いに行ってきます。

* * * * *

♪くるり*ロックンロール
[PR]
by mocommune | 2006-09-30 07:31 | 今日のおはなし* | Comments(0)

ロックンロールは死刑 夢が覚めたらそれが合図

b0042682_12485139.jpgたらこの子供達が終わったと思ったらもう僕らの出番だよ(須藤談)ってそれはこっちのせりふですから!須藤くんのばか。
というわけで、ダーティーな世界からの招待状だったはずなのに、ダーティーをやらないって罠。なんで?でも須藤くんの赤いモケモケカーディガン。おもちゃっぽいサングラス。
いいよ、とっても。
あの面子からして、髭は最後だと思っていたので、買い物したりお茶したり結構有意義に時間を過ごしていて、そろそろじゃぁ…なんて向かっていたら、遠くから聞こえる白薔薇のデンデデンデデデ(ベースの音)。はぁ!?ギ・ョ・エー!
あたいのエイチアイジーイーが早くも始まってるというギルティーで幕を開けた今宵のイベント。
須藤くん風に言うと“今日は変わったイベントだね”。
一刻も早く中に入りたいのに、予想外のドリンク代の徴収にもたつくし(俺が)、人は溢れてて中に入れないし(満員電車のよう。出入り口は混んでるけど中は結構空いてる感じ)、間違いなく遅刻だし、たらこガールズは見れない(髭の次に見たい度高かった。自業自得だけど)しで、もうわけわかんない。
怒りが頂点に達したので、ドリンクも引き換えず、ドリンク券を入り口で返し(どんな嫌味だ!)髭が終わってすぐに帰りました。
だって人が!動かないんだもん、全然。何しにきたの?って言いたいくらいに全然。
見とれてたか、髭に。
君も、ダーティーな世界へ行ってみたいのかーい?(だからやらなかったんだってば)
しかもフロア内は圏外。誰とも連絡が取れずぷんすか(が、奇跡的に遭遇)。
前のでかい男子が邪魔で、須藤くんと斉藤くんしか見えなかったよ。ちぇっ。
ただ、5曲しかやらなかった割には、がっつり心つかまれちゃった感がありありだった。
しかし、あの地区でたらこが初ライブっていうのはいかがなものなんでしょう。

帰り際に、琉球ディスコの片割れと遭遇。
今から!?と思いつつ、思った以上に小さかった。

* * * * *

♪髭*ロックンロールと5人の囚人

た~らこ~た~らこ~
[PR]
by mocommune | 2006-09-28 00:00 | ライブ2006* | Comments(0)

ドープさよし キャッチーさよし フレーバーよし チャックよし

b0042682_1782494.jpgなんだか非常にスチャダラがアウェー感満載なわけですが、それはスチャダラの放つネガティブパワーが故でしょうか。
初めて聞く人もいると思う、なんてアニが言っていたけれど、絶対にそんなことない!だってスチャダラなんて誰もが通る道だと思うから(俺たち世代なら)。
フロアが静かだったり、後ろの方の人を、盛り上がってない、なんてアーティストは思うのかもしれないけれど、興味ないとかつまらない、なんてそんなことは全然なくて、後ろは後ろなりに静かに盛り上がってるし、静かなのは聞き入ってたりするからで、何気にじっとり汗をかいていたりするんだよ。
ステージには見たことない人が1人いて、最初“あれ?もしかしてシンコが!?”なんて思っちゃって(位置的にシンコが一切見えなかったので)、ずいぶん様変わりしちゃってショックー!なんて勝手に悲しんでいました。
結局あの髭面はロボチュウだったんだけど、ロボチュウ自体が記憶の彼方(確か名前は聞いたことあるくらいのレベル)です。
あたし的スチャダラ全盛期は中高生だったわけで、そこでフリッパーズや電気、サニーデーと色々知って音楽の幅が広がり、そして今日に至るのであります。
生でスチャダラを聞きながら急に白い恋人(お菓子じゃなくて歌の方ね)を思い出してね。
その当時の脳みそレベルだと、意味のわからない歌詞(特にスチャダラ)がたくさんあっても、なんとなく聞き流してたのに、今聞くと、あーあーそういうこと!なんて理解できちゃったりするところが感慨深いです。
それにしてもボーズは年をとらないne!アニもかわいかった!しかも、シンコは大学生だったのにね!
YES/NOが始まった時、ドーパミンが出たよ(注意:ロックスターじゃないよ)(実は新しい曲を全然知らなかったところに始まった曲だったので)。
今まさに心のベストテン第1位はYES/NO。

ここからゆらゆら帝国。
ギターに夢中で歌い出すのを忘れちゃうっていうのが好きよ(はぁと)(岸田も何度かそうで萌えた)。
しっかし、あんなに近い坂本さんは初めて。前から2列目。
まさしくリキッド的スウィートスポット。
だって、ふわふわな頭の先から緑色のつま先まで、ばっちり見えたもの。
やだ坂本さん、つばが!とか白目!!とか音とは別のところでドギーマギー。
それに、ゆらゆらのライブっておしゃれが多くてうれしい。
いろいろチェックしちゃうのが楽しい。
Tシャツにジーンズなんて人、本当に探さないといないね。
しかも、ゆらゆらのTシャツは本当にかわいい(現在けずるTシャツ紛失中)(しょぼん)。
変なスプーンがでかくプリントされてる渋い色のやつとかじゃないし。
気持ちの悪い髭の人がありえない配色でプリントされていたりしないし。
それにしても、最近どのライブに行っても、ロッキンTシャツ着用率が本当に高くてびっくりする(くるりにもいっぱいいた)(ゆらゆらにも1人だけいて、あまりの場違いさにかわいそうに思ったくらい)。
普及してるな~。あの手のTシャツってあの場でしか着れないテンションな気がして、買う気にならないけど。
買うならアーティストTシャツ買うけどなぁ(最近はもっぱらタオル派という実用っぷり)(ユアソンのがお気に入り!)

とにかく、10月のシェルターには大人の事情で行けないので、11月には行きたいんだけれど、耳元で悪魔(実在)がわっくんわっくん言うものなので、心がゆらゆら帝国で考え中です。坂本さぁぁぁぁん!!わっくぅぅぅん!!
12月のリキッド(勝手に決めてる)はCDJのタイムテーブル次第なんだけど、そんなの大人しく待ってたら売り切れちゃう。
ゆらゆらはライブ、数えるほどしかやらないから、絶対に逃したくない。
大丈夫だよね、渋谷さん。どこかで会ったらよく考えてって言ってみる。

* * * * *

♪スチャダラパー*YES/NO

坂本さん“おめでとう”って言わなかった
[PR]
by mocommune | 2006-09-27 00:00 | ライブ2006* | Comments(2)

おまえのものはおれのもの おれのものはおれのもの

b0042682_1741399.jpgあ、どうも、スイカーです(ツボ!)(改札付近で常に使いまくり)。
出張していた伊豆は、荒れ狂う海、なぎ倒される木々、そして仕事の山、伊勢えびセッション、飲みすぎる俺たち、午前3時の幽霊騒動(泥酔)、故の睡眠不足で疲れきった、そんなあたしをくるりは歓迎してくれるはずなのに、肝心なそうまさにここODAIBAは大雨っていうギルティーだし、傘持ってないからびしょぬれだし、飲みすぎで吐きそうだし、お土産で貰った干物は生臭くて迷惑なうえに無駄に重くてプンスカしていたんだけれど、ああ!もうくるりってば最高。
このベスト盤的ツアーに行けない人をかわいそうな人だと思っちゃう。
何かが足りないってっていうこの気持ちが、満ち足りました。溢れるくらいに。
岸田の喉の調子もよさそう。
あの、左手首につけていた緑色のロッカーのカギみたいのが気になりましたが。
さとちんは赤の時代到来で、全身赤系で激しいし。
真っ赤なポロシャツから赤茶色のパンツへのグラデーション。
達身さんはohana風に言うと(なぜ?)、アタマガキテルズ、でした(失礼)。
事前のステキ情報のおかげで、ちゃんとサプライズに遭遇できるというラッキーガールっぷりを発揮。
開演間近の入場にもかかわらずさとちんに近すぎたため、佐藤のベースは男前具合をしかと見届けてまいりました。かわゆす。さとちんかわいすぎ。
あとは、ドラムとベースと岸田の声の組み合わせがさいっこうです。
あたしはあと1回、おかわりしちゃうまZEPPご飯。
幸せに思います!

* * * * *

♪くるり*人間通

スイキストでもあります
[PR]
by mocommune | 2006-09-26 00:00 | ライブ2006* | Comments(0)

あ か さ た な は ま や ら わ

行けばよかった。
野音に行けばよかった。激しく後悔。
こんばんわ。
当日券買えなくても、野音の外で聞けばよかった。
テレビからのファンキーはちょぴっとしか伝わらない。
姿が見えなくても生じゃないと意味がない。
いかんともしがたい自業自得な日曜日。
出張の準備が進まない日曜日。
明日のくるりが見られない日曜日。

* * * * *

♪SUPER BUTTER DOG*五十音
[PR]
by mocommune | 2006-09-24 22:47 | 今日のおはなし* | Comments(3)

終わらない夜 まるで星のよう 止まらない夜 魔法のメロディ

b0042682_20313987.jpgジャイアンナイト行ってきました!
結論としては、あのレベルのエアギターなら勝てるかも!?といういつもの根拠のない自信と、曽我部がもうリアルにジャイアンだったことくらい(握手した手はクリームパンよ!)。
つまりは、俺たちの坂本ばりのかっくいいギターテクの方が観衆をシビレさせることができるかもよ!ってこと!!
イベント前に戎でご飯を食べていたら、遅刻という罠で、数人の芸人DJを見逃しているらしいのですが(スピワの小沢くんは見てみたかった)、やっつん(大迷惑がよろしかった)や、曲をかけることすらおぼつかないまちゃまちゃ、2丁拳銃のブルーハーツを好きすぎる人、やけに踊る人、それにダイノジ。どれも楽しかったです。特にダイノジ(主催だから当たり前だ)。
ついに銀河のダンスをマスターしました。いぇい!(いつ本物の音で踊れるのやら)
ライブは、アナログがなんだか夜っぽい大人な感じで、なんかこうもっと“夜はこれからだぜ!”みたいな感じではなかったのが残念。
でも、あのゆらゆらしている感じがとても気持ちよかった。
ギターウルフで耳がおかしくなって、曽我部は言うまでもなく熱くて泣きそうになり、フラカンでまさしく真夜中の盆踊りました。
途中、真後ろに佐々木くん@アナログがいるというハプンで、サインサインと挙動が不振になり、入り口のお姉さんに油性マジックを借りに行き、サインをしてもらい、ついでにかぶっていた帽子がおかしかったので注意してきました(が、踊るDJがかけた爆音のSAY YESのお陰でうまく伝わらず、佐々木氏、帽子をかぶり直すだけにとどまりましたが)。

疲れた。フラフラ。でも、楽しかったよ。

* * * * *

♪JUN*Apples
↑はじめてこの曲を聴いたのもダイノジDJの時で、とっても好きだったので、覚えたフレーズから一生懸命探して探して、ようやく見つけました。
非常に乙女ちっくナンバーです。

おまけ
[PR]
by mocommune | 2006-09-22 00:00 | ライブ2006* | Comments(0)

明日が今日よりいい日でありますように

b0042682_10411825.jpgオーベイビークラッシュをチェケラー!
というわけで、LIQUIDROOM 2nd ANNIVERSARY 「SPECIAL ORDER」へ行ってまいりました。
直前まで「SPECIAL ORDER」を「SPECIAL OTHERSメインなんだわ」と思い切った勘違いをしておりました。
んもう、しっかりしろ、俺!
で、何を見に行ったかというと、THE BEACHESなんですが、ますますはまってゆく予感!(一緒に行った友達の2人はグレートアドベンチャー目当て)。
だって、常夏ミュージックが楽しすぎるんですもの!
寒いフロアなんてお構いなく、前方はノリノリ、あゆ子のロボットダンスも炸裂だ(笑)
で、髭ちゃんの時もそうだったんだけど、1曲どうしても分からない曲があって、でも周りのビーチっこたちは大変な盛り上がりを見せるわけです(冒頭に書いた“オーベイビー~”って曲)。
きっとJLPの曲だろうとは思うけれど、分からない。なんて曲なのかを知りたい。
だって、あたしだけイマイチ乗り切れないなんて、そんなの悔しいじゃない!
ここは思い切って、隣の女の子(この曲でスイッチが入ったかのように踊り狂っていた)に聞こうと勇気を出したのに、ライブが終わる直前にどこかへ行ってしまった。
しょぼーん。
結局聞けぬまま、GAを意図せず一番前で堪能。み、耳が・・・
あぁ!でも歌う人とベースの人、かっこゆす。
曲もわからないながらも、リズムに合わせて踊ったり。
それから、ビール飲もうと外に出て、カウンターのところで飲んでいたら、入口に力士発見!(注:ビーチーズのベースの人の髪型といい体格といい相撲レスラーのようなので、心の中でこう呼んでいる)
思い切って、本人に聞いてみようか?という話になったけど、わざわざ出向いて耳コピの合っているかもわからない歌詞で歌って“この曲何?”ってそんなこと、いくらなんでも・・・
と思ったら、なんとあたしたちの横にヒサシTHE KID登場!(1人でフラッと)
飲み物を買って、さらにあたしたちに近づいてきた。わぉ!ミラコー!!
というわけで、こうなったら!と、歌う張本人を目の前に歌ってしまうというお得意のパワープレイを発揮。
ここからはヒサシとあたしの会話を余すことなくレポート

あたし:あの、今日のライブでわからなかった曲があったんですけど
ヒサシ:ん?なになに??(とっても優しい雰囲気)(そしてちゃんと耳を向けてくれた)
あたし:“オーベイビークラッシュをチェケラー!”っていう・・・
ヒサシ:あ、それね!前にJLPっていうバンドをやっていた時に出した“HIGH SCHOOL DISCO”っていう8曲入りのアルバムの中に入ってるからチェックしてみて!
あたし:(えっ!曲名を教えてくれるんじゃないんだと思いつつ)ありがとうございました。今日のライブも楽しかったです。また行きます。
ヒサシ:(自分のカップを差し出して)ありがとう、かんぱい!
あたし:(目からはハート)かんぱい!

つうかさ、歌ったのに曲名教えてくれないってひどくない?(笑)
これこそ罠だよ、罠。買えってこと??
でも、ちゃんとおうちに帰って自分で調べました。
『THE CLASH』という曲のようです。
それより、ミュージシャンとこんなにスムーズにお話できたの初めて。
だって、いつも出会う人は、好きすぎてオーラがすごくてちゃんとおしゃべりできない人ばかりだもん。
だからとってもうれしかった。
ヒサシさんの人柄も大きかったと思うけど(ひらがなバンドの歌ってる人、見習って欲しい)

気づいたらトライセラは始まっており、もうおなかが減りまくりんぐだったので、帰ることに(このライブのほとんどの客はトライセラ目当てだというのに)(俺たちちがうもーん)。
ま、一応ネ、と中に入って(しかも力士の隣で)1曲(GOING TO THE MOON)だけ堪能。
たぶんここらへんの曲は、10年くらい前の曲だと思うんだけど、色あせない胸きゅんなメロディーと声は健在でした。あまーい!

あとバンドのレポは割愛でいいですね(ひどい!)(というよりほとんどレポれてない)。

バイバイビーチーズ!
年内また会えるかな。もう季節は秋だけど、常夏気分で踊れるかなぁ。
残念なことに、10月の紅布(しかもニートと一緒なのに!)行けないし。
は~
佐野元春なんてどうでもいいから(鬼)(でもSOMEDAYが流れればやっぱり聞きたいっていう矛盾)ビーチーズをお願いします、ロキノンさん。

さいごに。
2周年おめでとう、リキッドルーム(こうやって坂本さんも来週たどたどしく言うのかと思うと今からドキがむねむね)(さらに、ブギーバックを坂本バージョンでやったらどうしよう!?という危惧)(絶対にないしそんなの怖すぎる)
好きなライブハウスランキング、不動の第1位です。
そうそう!リキッドのドリンクバッチ。
数ある中の1つが、坂本デザインだなんて知ってた?
いつか貰ったら(ちなみに一度も坂本デザインを貰ったことがない)(あたしは卓球率が高い)、絶対に貰って帰るんだから。

* * * * *

♪TRICERATOPS*GOING TO THE MOON
[PR]
by mocommune | 2006-09-21 00:00 | ライブ2006* | Comments(0)

これから先も馬鹿やるつもり 大人になってもふりかえるな

たとえば、テレビから流れ出すほんの数秒の曲(声でも)が、自分の知っているものだと、すごくうれしい。
これは、数多くの曲を知っているが故に与えられたサプライズ、ちょっとした幸せだと思うんです。
こんばんは。
今auの他社携帯にも絵文字が送れるよ、的CMで使われている曲が、I was walkin’&sleepin’@ミッセルを彷彿とさせる。
コードは違うみたいだけど、ドラムの入り方なんかはそっくりで。
もうこうなったら、田中みぽりんの隣にそこはかとなくタンバリンを持ったチバ登場なんていう夢の競演希望(絶対にない)(チバースデーのあの髪型はあれでいいの?)。

昨日のインストアライブといい、スパルタローカルズ(アルバム)といい、今回のツアーでの参戦が、渋公だけではやっぱり物足りないし、諦めきれないあたし。
だって渋公は椅子があるのだよ!そんなんじゃパッション!パッション!パッション!できない。
そこで、アルバムに封入されていたツアーの日程表を見ていたら、いい事思いついちゃった!(嫌な予感)
10月1日に何だ、ばかやろうin水戸なのね。
それって9月30日からくるりで仙台にいるあたしには好都合なわけ!
だって、仙台から松戸に帰ってくる途中に水戸があるんだもん。
キャー!大・発・見!!YOU行っちゃいなよ!
これは、行けと岸田も言っているに違いない。
終電も22時台なので、大丈夫そうな予感(月曜日が相当きついかもしれないけれど)(でも、月初なのでお休み取れない…)。
水戸はひたちなかより近いんだから!(そういう問題か)
初めてのライブハウスに1人で参戦だなんて、心細いし、たどり着けるか心配(←方向音痴だからこれが一番心配)だけど、こうなったら行くしかない。チケットも売り切れてない。
なんか文句あるか!(逆ギレ)

今年のバンビーノ祭は岸田がDJとしての参戦だって。
えーーー。なんかつまんなーい(岸田は歌ってこそだと思うから)。
DJしげーるなんていやー(それこそつまんなそう)(って感想は内緒の方向です)。

* * * * *

連休中に韓国に行っていたお松が帰ってきた!
お土産いっぱい貰っちゃった。うふふ。キレイグッズさっそく使ってます。
今現在コラーゲンパック中!
彼女は韓国に映画を見に行ったんだけど、それってすごいバイタリティーだよね。
日本で公開しないものじゃなくて、公開が来年の4月だからって見に行っちゃうんだから。
ハングルなんて、どう頑張っても読めないし聞き取れないのにね。
実は韓国に行くのなんて聞いたのも数日前なのに、いきなり舞台挨拶情報をくぐって欲しいと言われ、そういう調べ物にめっぽう燃えて力を発揮してしまうあたしは、韓国で映画を見る方法までばっちり調べ上げ(もちろんハングル翻訳つきという力の入れよう)、レポート提出した甲斐があった、と言いたい所だけれど、映画は結構簡単に見れたみたい。
おかげで韓国で映画を見る方法をかなりマスターできました。
あたしなら、“ゆれる”を見るけどなぁ(韓国で?)(だって空いてそうじゃない?)
お目当てのカン・ドンウォンの舞台挨拶は、やはり韓国でも大人気のようで、見れなかったみたいだけれど、映画はすごくよかったそうです。
号泣したそう(きっと見ないのであらすじをじっくり聞いた)(もちろん字幕なんてないので、お松なりに感じ取ったストーリー全開で)
それに、前回に行けなかった卵焼き横丁や、ガイドさんが教えてくれた現地人でもなかなか予約の取れない焼肉屋、それと気になっていたカフェや、クリスピークリーム(いつ日本にどこにできるのかやきもき)にも行ってきてくれて、感想も聞きました。
うーん。
やっぱり身近に行ってきた人の話を聞いちゃうと。ねぇ。。
寒い時期に韓国に行きたい(もちろんあたし達は食いまくりツアー)(先日の散財した金額で、悠々韓国に行けただろうに)。
思い切って平日にばーんと休めば、週末行くツアー料金でロッテホテルとかに泊まれそう。
1月下旬から2月にかけて、劇的に寒そう。

まだまだ読書ブーム継続中。
今は華恵ちゃんの小学生日記を熟読中。
いつになったらハリポタを読み始めるんだか。

* * * * *

♪スパルタローカルズ*ジャーニー&ジャーニー
[PR]
by mocommune | 2006-09-19 23:14 | 今日のおはなし* | Comments(2)

今、感じてるイラだちも 良い思い出とすり変わる

b0042682_22464260.jpg2ヶ月ぶりにあたしの目の前に現れた新しいスパルタはすごかった。
けど、今日の夕陽はもっとやばかった!こんばんわ。
近すぎて、コウセイと目が合いまくってしまい、もうなんか恥ずかしかったです。ライブは、アルバムの曲順にやった予感です(今日アルバムを買ったので)(ひどい!)(自分でもびっくりだ)。
新しいドラムになっても、別に変わりなくスパルタローカルズでした。
福岡からやってきた新しいドラムをコウセイは、“叩く姿が殺人鬼みたいな顔”って言ってた予感。
小川エンジンってなんか若手芸人みたいな名前だよね。
でもね、新体制のスパルタをお客さんはどういう風に見るんだろうかって心配だったとコウセイが言っていた。
あんな感じの癖に、結構デリケートなんだよね、コウセイって。
何だ、ばかやろうツアーに渋公しか行けないのが本当に残念。
なんで27日なの!!(分身の術をマスターしたい)(10月21日もステキライブ目白押し)
それより、光弘が徐々に垢抜けていくのがもっと心配。
あの子は確か天パだったはずなのに!!(あたしの妄想上だが)

そしてライブ後は、2006年瀧との遭遇inパルコ前。
なんだかすごい腹が出ちゃってて、ショックでした。
ピエールーって感じのオーラで、前からずんずん歩いてくるんだけれど、目は腹に釘付け。
もともと痩せてるとは思っていなかったけれど、出すぎ。メタボリック過ぎ。瀧のばか。

* * * * *

22日のジャイアンナイト行くことに決めました!
といっても、すでにあたし達の目的が“打倒!オオチ!!”に変化を遂げております。
日々エアギターの練習に余念なく。
そっちがJETならこっちはシーザーズで頑張るぜ(iPodつながりで)。
22日のオール明けで野音に向かったら、ぼろぼろ過ぎて“日比谷公園で一夜を明かしちゃった要注意人物”になってしまうんじゃないかと今から心配。
あれは何時ごろ行けばいいんだろう。
ふじふぁぶりっくだけみれればいいです(小声でお願いします)

28日の髭ちゃんも、チームダンスフーリガン全員に招待状が来ているという愛の力。
あのたらこガールズを温かく見守れるか心配だ。

ルミネの10%オフで、やりすぎてしまった感ありまくりな俺。
体は1つしかないのにどうすんだ、この服の山!!
まぁ、いい。どれもこれもかわいこちゃんだから。

* * * * *

♪スパルタローカルズ*ハート
[PR]
by mocommune | 2006-09-18 22:53 | ライブ2006* | Comments(0)

誉められてポテト並べたら グーね

b0042682_22175752.jpg両親が旅に出てしまったので、家に残されたのはあたしとチロリアン。なんとも頼りない2人。なので、友人を招いて、食事会を開きました。
それぞれが1品持ち寄り制。みんな腕によりをかけてたくさん作ってきてくれて、それらをおいしく食べて喋って笑って飲みました。
でも、料理は食べてくれる人がいるから作りがいがあるわけで、これがもし1人だったら何か買ってくるか、外で済ませてしまうだろうなぁ、なんて話す妙齢のわれら。
家族の一員、じゃなくて、あたしの家族が欲しいと思った日曜日。
それにしても、世のお母さんって大変!(なんていうと“でしょ~”となるので本人には言わないけれど)

* * * * *

♪ANATAKIKOU*はさまれてピクルス
[PR]
by mocommune | 2006-09-16 00:00 | おいしいもの* | Comments(0)