たわわ、たわわん*

カテゴリ:ライブ2005*( 84 )

∴COUNTDOWN JAPAN 05☆06

b0042682_22152354.gif
3日間(途中恵比寿もじゃもじゃ経由あり)通ってきました幕張ジャパン。

楽しい事をひとり占めしないで、一緒に楽しいって感じあえる仲間がいるってうれしいね!
素晴らしいことだと思いました。

くるりは最高にロケンローでカッコよかったのだ。
彼らと一緒に年を越せて、本当に幸せな1年の幕開けでした。東京にはホント涙。
それに、アロウズと髭という新たにステキなバンドを見つけてしまった。
スパルタは尋常なく時間が短く感じたし、民生先輩の脱力も貫禄があって力強かったし、かわいく踊るロケットマンも、サンキューレイクステージも、スカパラ×ハナレちゃんのうれしハプンも、ダイノジDJ(銀河を聞いたらぜーったいあの踊り踊っちゃうも!)も、真夜中の卑猥コールも、力を振り絞って踊ったユアソンも、キラキラしていたレミも。

楽しかったです。
サンキューソーマッチロッキングオンジャパン。
音楽の神様ありがとう!

* * * * *

異様に長いけれどびっくりしないでね、レポ
どのくらい長いかというと、文字数が多くてたためないくらい(笑)

・最近文章が書けなくなってきたので
・いつも通り
・箇条書きでOK?

29日
【オランゲ】
・あまりの人にびっくりするんですが
・きっとみんな同じことを考えてるんだろうな、と思いながら会場入り
・100s以来に会うお友達もいて。おひさしぶりぶり
・クロークに荷物を入れて
・散策
・特に変わったところはなく
・あ、ギャラクシー前がオサレな感じのキャッフェーになっていた
・おもにギャラクシーでのビールを買うのみに使用した
・のろのろ歩いてアースステージへ
・入り口でゴミが舞っているYO(違)
・あっという間に始まったよ
・渋谷さんが、オレンジレンジの事を
・ここは彼らにとって、アウェーじゃなくてホームだって迎えてください!
・って言ったんですが
・まるっきりアウェーでした(中央は激しく盛り上がっていた)
・自信があるっていうのは存分伝わったよ
・テレビの中から飛び出してきました!っていうのを期待してただけに、なんか残念。
・知ってる曲、ロコローションくらいしかなかったんだよね
・しかもそれが初っ端って罠!(笑)
・上海ハニーまだかまだかって待ってたのにやらず
・よって、モノより思い出にはならなかった
・てんしょんがさがったよ

【フジファブリック】
Taifu
ダンス2000
桜の季節
地平線を越えて
モノノケハカランダ
銀河


・時間が迫っていたので、慌ててフジへ
・アースからギャラクシーは離れているの
・外を通っていけば、中よりかは早いと思うんだけれど、寒いから…
・フジがあたしたちのフェス初めの方向で
・昼間なのに“こんばんはフジファブリックです”と言ってしまう志村君に胸キュン
・やっぱりねとニヤリ
・志村君の喉の調子が悪いのか声がそんなに出ていなかったのが残念
・鍵盤に乗っちゃうモノノケ金澤君に拍手!
・踊れるセットリストに大・満・足!2006年も期待しちゃうんだから

【スパルタローカルズ】
GET UP
ピース
ロックとハニー
新曲(?)
トーキョーバレリーナ
希望

・最初のジャムが最高にカッコよくって、ジャーンってコウセイが出てきた!
・そして“ゲッタップ!”と叫んだんだー!
・そこまでのあまりの勢いに笑ってしまった
・けど、これがカッコイイんだよね
・ロックとハニーの時は、ついうっかり妄想タイム
・ムーンステージはコウセイとあたしだけの世界!(笑)
・ノンノンノン
・実際の距離じゃなくて心の問題ね
・甘い甘い歌にとろけそうでした
・最後は“みんなの未来が希望に満ちていますように…”といって希望!
・こうなったら来年は、スパルタで年越し希望しちゃいます!
・あっという間で、スパルタだけが異様に短い気がした

【奥田民生】
まんをじして
快楽ギター
御免ライダー
The standard
トリッパー
さすらい
最後のニュース
近未来
イージューライダー

・まったりと待っていたら、客電が落ちた場内に流れ出した“雪が降る町”!!
・今年は絶対そんなこと無い
・だって雪降ってないし
・民生は2年連続で、しかも雪も降っていない今年に歌わないでしょう
・でも乙女はおっさんに期待しちゃうの
・と、勝手に様々な思いと葛藤しながら、歌ってくれたらどうしようと、ドキがムネムネ
・案の定歌いませんけど何か
・始まったのがまんをじしてで飛び跳ねる飛び跳ねる!
・何気にOTはエゾ以来なのかもしれないことと
・今年最後なんだと思うのとで、わくわく感が半端無かった
・夏フェスの心を掴めないセットリストとは裏腹なセットリストににんまり
・やっぱりこの人は自分の声の魅力を知っていてこの歌をアコギ1本でやるのね
・The standard!カッコよさに震えてちびりそう。
・MCもスターは100%の力を出すのは1日にたった3分とか
・あとは出演者、スタッフの皆さんや会場のバイト君たちへありがとう!とお礼
・あたしのスターは、そういう心遣いのできるステキな大人なんです
・そうしたら近未来でおしまいな雰囲気
・えーーーーっ!(でも近未来が久しぶりだし年越しって感じでおおはしゃぎ)
・気持ち的にはカウントダウンだったのに
・なんと、イージューライダーをやっちゃたうあたり、大物振りを発揮だね
・引き続き魅了されそうです
・大好き。憧れの40歳
・きっとすごいあれをこの目でしかと見ました

【アナログフィッシュ】
スピード
Hello
BGM?
タウン

・勝手な勘違いをして、OTのあとはラムちゃんだと
・お魚を見るお友達と別れ、ブースに入ったら
・ホーミータイ♪ホーミータイ♪
・ア、アジカン!?
・なんかわからないけどそういう人なのかと思い踊ってたけど
・どうやら様子がおかしい、と
・見たことある人が中央にいます、と
・ラムじゃない
・今なら間に合うぜ
・ム ー ン へ い そ げ !
・急ぐ急ぐ
・スピードの後半部分から聞けました。よかったー
・あぁあぁ暴れベースが!!
・角度的にシュウ先生は見えず
・Do you still need BGM?
・No thank you!
・Do you still need BGM?
・No thank you!
・だって下岡君が2回聞くんだも
・はりきってノーサンキュー(はぁとも付けちゃう)(いらない)
・君の住むタウンはどんなタウン?
・僕の住むタウンはこんなタウン
・泣く泣くタウンの途中で出てきました
・なぜってどうしてもラムちゃんを見たかったから

【ラムライダー】
・ムーンからてくてく
・ムーンからブースは近いもんね
・あれ?
・あの音は?
・6曲目の曲だ!(タイトルは調べるの面倒くさい)
・踊る
・ん?
・歌わないの??
・まわすだけ?
・初めて見るから疑問符ばっかり出てきちゃって大変
・楽しいから踊っていたんだけれど
・結局飽きちゃって人が沢山いるエレレへ

【エルレガーデン】
・入り口からは人があふれているんだけど、横の方はそんなこともなく
・ちょうど細身さんがMCを
・こんなに大勢の前でやるのは初めてだ
・どこに目を合わせていいのかわからないけど
・右にも左にも前にも奥にも人がいっぱいいるのはわかったから
・全員の胸に届くように歌います
・きゅーーーーん!
・ホント、抱きしめたいよね
・この人を抱きしめたい(単なる願望)
・あたしはだいたいイベントでエレレを見ますが
・いつ聞いてもいい事を言ってます
・ファンだったら毎回キュンとしてキュン死だね

【ロケットマン】
・エレレが終わりブース前でお友達と合流
・お待ちかねのロケットメーン
・ラムちゃんが歌いながらまわしてる後ろにそこはかとなく登場
・赤と紺(黒かな?)の長袖ボーダー。かわいい^^
・ココロオドル
・にわかにふかわ登場に沸く場内
・CM曲をひとしきりかけ
・平井堅とかhitomiとか
・デフテックとか(難しいけど適当に歌っちゃおうとかって言ってた)(のでそうした)
・おもむろに途中からタオルを投げ出したり(争奪戦)(主に前方)
・トリントレインでちょっとどうかと思うくらい踊ってみたり
・自分が着ていたTシャツを脱いで投げ出し(争奪戦)
・まだまだあるよーとか言いつつキャッチーな曲をかけつづけ
・エレクトリカルパレード(っていうんだっけ?)をかけつつ
・途中でスマップがわんさか
・まさかあんなに盛り上がるとは思わなかったよバカ
・イッツアスモールワールドをみんなで歌おうって言われたけど
・歌詞わからなくって
・言われなかったけど、あやふやな感じで適当に歌ってみた☆
・つうかディズニーの曲で踊るのはオイスカだけって決めてたのに(笑)
・楽しかった(のでビール)
・むー。タオル欲しかったな
・そうそう!パパに肩車された男の子が
・お兄さんお姉さんに負けじと手を振り振りしていたよ
・彼にタオルをあげたかった

【東京スカパラダイスオーケストラ】
・本当にあっという間に最後の人たちなんですが
・スウェーデンが流れ出すと、鳥肌立ちますね
・これからどんな楽しい事が待ち受けているのお兄さん達
・まぁ出てきたわけですが
・いつの間にかGAMO先輩が、なななぬわんと!
・い ま を と き め く 姉 歯 風 に !
・ギ・イ・ヤー!!
・超越したね
・いかがわしいっていう一線を超えちゃったもん
・最初ベレー帽的な何かをかぶっているのかな
・なんてだましだまし見ていたわけですが
・大画面で確認した所、どうやら地毛らしい、と
・そして一気にスカパラはサングラス度がアップしたね
・気を取り直して、ゴッドファーザーのテーマスタート
・あー、NARGOはなんてかっこいいのかしら、なんてうっとり
・でもゴッドファーザーってさ、イメージがミッシェルじゃない(安易?)
・SEだったからかなぁ。しかも場所は違えど幕張だったじゃない?
・感慨深いものがありました。しみじみ。
・そうそうあれほど圧倒されて緊張感のあるバンドには巡りあえません
・違う違うスカパラスカパラ!
・あのゴッドファーザーのテーマがスカアレンジだとちょっと軽くて笑っちゃう
・スカミーではナーゴがメーリさんのひっつーじーお遊び
・お友達と子供の頃よくやった2人1組で手をパンパン叩くやつをやってみたりした
・非常に贅沢!だってバックミュージック、ナーゴだぜ?(どうでもよい)
・ナッティーでは大画面に姉歯が!(違)
・ナーゴと北原さんの掛け合いでは
・お正月らしく北原さんがとーしのはーじめの♪
・ナーゴは第九を
・そしてルパン
・そう、心掴んでるよ!(何様?)
・ルパーンルパーン♪ってハジメちゃん(予想)が歌ってて感動した(大袈裟)
・あともう曲名すら出てこないんですが、最後の方の曲ではK藤さんが
・俺たち、東京カトパラダイスオーケストラなんですが位の勢いで前方にきていて
・とうとう彼の時代がきているんだな、と、思いました
・頑張れ
・最後の追憶のライラック!
・ステキな歌声が袖から聞こえてきて
・まさか!
・まさか!!って思ってたら
・帽子をかぶっためがねが!!!
・いやーーーーーん!ハナレちゃぁぁぁぁぁん!
・やっぱりこれはハナレちゃんの曲
・だってあんなに様々な楽器に囲まれていながら
・音の全てが歌声を包むような感じでいるから、惹き込まれるよ
・タカスィーのミラクルボイスにやられた瞬間、プライスレス(マサムネで使用済みフレーズ)
・おしまい
・でもアンコール
・メンバー紹介
・欣ちゃんがまたわけのわからないことを(だからと言って内容覚えてないけど)
・ホント欣ちゃんってブラックホールだよね
・NARGOが応援したくなっちゃうような事を(覚えてない)
・GAMOちゃんが渋い声で…(以下略)
・そしてハナレちゃんをもう一度呼んでダウンビート!
・楽しかった!!
・近くの人たちと円になって踊ったよ
・でもハナレちゃんのいる意味がなかったよ
・だったらどこかのステージに出演してもよかったのにね…
・ま、1年分の毒素が出ましたってくらい踊ったよ
・29日はビール飲んでおしまい

まだまだ続くよ
[PR]
by mocommune | 2006-01-02 22:32 | ライブ2005* | Comments(0)

∴わっしょいわっしょいわっしょいわー

b0042682_10181250.gif
いよいよ今年最後の楽しい行事当日。
1年の集大成といわんばかりに、大暴れしてまいりますin幕張。
右も左もどこを見渡しても音楽に囲まれる3日間。
大好きなくるりで今年1年をしめくくり、そして新しい1年を迎えるなんて、
あたしのためのCDJと言っても過言じゃないくらいよ(過言)。
いいスタートがきれそうな予感がプンプンしちゃってるじゃない!

バタバタと慌しくも楽しい毎日を過ごしてまいりましたが、
様々な新しい音楽に出会い、沢山の人に出会い、本当に充実した1年でした。
ありがとうございました。
この勢いに乗って、2006年も素晴らしい年になりますように。

よいお年を!!来年もどうぞよろしく。

いつもの事ですがCDJクイックレポ!
オフィのきちんとレポはこちら>>>
あたしの廃人レポはこちら>>>

では、はりきって行ってきまっす!

* * * * *

♪くるり*お祭わっしょい
あたし的CDJイメージソング

[PR]
by mocommune | 2005-12-29 10:35 | ライブ2005* | Comments(0)

∴野に咲く花のように 美しくなりたい

b0042682_1482442.jpg忘れないうちに書いておかなくちゃ。
座禅@AXへ行ってまいりました。
単純に感動した。
何、この人たち!?って何度も思った。
最高にかっこよかったです。

* * * * *

♪ZAZEN BOYS*KIMOCHI
[PR]
by mocommune | 2005-12-29 09:25 | ライブ2005* | Comments(0)

∴Oi-YOUR SKALL SONG IS GOOD MATES!

b0042682_20463653.jpgはりきっていってまいりました下北シェルター
今までで一番激しかった下北シェルター
結婚したいのはワタルバスター(いきなり)(どさくさ)
出演者が多すぎてステージにはみ出ている下北シェルター
シェルター前で密やかにミソパンを食べました。うまー!
最初がユアソン。
エゾで通りがかりに聞いた程度のユアソンだったんですが、まったくこれが本当に最高にゴキゲンなバンドだったわけです。ゴキゲン度からいって、もっとラッパ隊がいるかと思ってたら、トロンボーン1つでした。
初めてだったけど楽しかったー!CDJも楽しみだ。

そしてオイスカ。
この日のオイスカメンバーは、クリスマスということもあって、みんなコスプレで登場!
トナカイ・雪だるま・天使・カオナシ(えっ!)などなど。見えない人もいた^^;;
肝心のわっくんは、全身豹タイツ!!しかも頭に耳付きよ。
そしたら出てきて早々ニャー(ひろし@猫の方じゃない)(イメージ的にはてじなーにゃの方)とやったの。しかも2度も!か、かわいい、かわいすぎる!結婚して欲しい(2度目)
ワタルさんの声があまりにも渋くてセクスィーなのでメロメロデス。
あの声にやられない女子はいないと思います。
ライブとCDじゃぜーんぜん違うんだから!
迫力もセクシー度もしゃがれ具合もそりゃぁもうまるっきり。
しっぽを触りながら歌う時は意味もなくドキドキしたりした(笑)
それに、ライブとは裏腹な脱力したMCも好き!とりあえず下の方へいくものね。
こっそりギネスを飲む姿も好き(ヒロシさんなんてワインを瓶ごと飲んでたよ・驚)。
そしてあたしが初めてオイスカにトキメキを覚えた曲(“can’t help falling in love”)をやってくれたの!やってくれないかなぁって思ってたところだったので、うれしくてとろけました。
あーあーあー。あーもー(半壊)
結婚してくれませんか(何が何でも)
そしてあたしはお得意の“付近一帯の乙女たちが陥っているであろうワタルバスターと目があっている的勘違い”を。。
恐るべしバスター眼力!(そういう問題?)
ライブはびっくりするくらいあーーっという間に終わってしまったの。
アンコールでは“don’t you just know it”(ずっとニートバージョンを聞いていたので、一瞬パニクルーになりました)とか“can’t take it my eyes of you”をやってくださいました。

ライブも終わり、ビール飲ませろーとブーブーしていたら、なんとビールを貰った瞬間にWコールが始まりまして(もたついてた店員サンクス)。
これはきっと今日の公演はこれでおしまいと言われても、前の方で“オーイスカルメイツ♪”と歌い続けてくれていた人たちのお陰です。ありがとうございます。
バーカウンターの所で見ていたわけですが、ステージ上の男子全てが上半身裸で、まるでこれから男祭でもはじまるのかと見紛うばかりですた(実際あたしの頭の中では男祭がはりきって開催されてました)(いつものこうなのかしら)。
しかも、アンコールの時のわっくんは、ビキニサンタの格好だったので、人人人で見えなくなったWコールの今、さっきはビキニ、今見えてるのは上半身裸、これはもうきっと全裸だろうと勝手に妄想(これくらいの妄想は、妄想部としては朝飯前)むしろ切望してたら、豹のパンツはいてました。なーんだ。うー残念(何を期待しているんだか)(全裸)(変態)。
ま、パンツ1丁すら普通じゃありえないよね。故にSU・TE・KI-!
あ、そうだ。
シェルターを出るときに、床や階段にフライヤーが散らばってて、ルーフトップの表紙が怒髪天なだけに、豹ジャケの兄ィが踏まれたりしているのに心が痛みました。

メンバーも本当に自由で、ライブを負けじと楽しんでいる感じが目に見えてわかるから、こちらも余計に楽しくて仕方がないという感じになってしまいます。
ライブは踊ってなんぼよって改めて実感したライブでした。
だってライブが始まるとすぐに熱くてカッコいいダンスフロアが出来上がるんだも。

でもね、なんだかもったいないなぁとも思ってしまった。
小さなハコでぎゅうぎゅうで酸欠な中で楽しむのもたまにはいいんだけれど、やっぱり自分の意と反した動きで体が動いてしまうのはいや!弾き飛ばされたり痛い思いをするのもいや。
もっと自由な空間でガツガツ踊りたい!
小さいハコが故のよさもあれば不自由もある。大きい所も同じだけどね。
なのでロフト辺りでの公演を熱望します(だって28日は無理くさいの)(年明けにでも…)。
そしたら体中の毒素が抜けるくらい踊る事を誓います。

例えば対バンやイベントで知り合ったバンドっていうのは、持ち時間が少ない分ガツンと攻めてくるでしょ?
そこで鷲掴まれた心をイベント止まりか、これからもどうぞよろしくか確かめにワンマンに行くわけだけど、ちょうどその時だけがたまたま自分と合っただけで、もしかしたら飽きてしまうかも、とかついていけないかもなんて思ったりもするのです。
でも、オイスカは大丈夫!
怒髪とのツーマンで初めて体験して感じた思いが実感に繋がりました。楽しい!!
これからもばんばん行ってみるつもりです。
わっくんの取り合いしましょうねー(私信)

あーあ。
それにしてもライブ前にディスクユニオンに行ったときアルバム買っておけばよかった。
チケット持ってると10%オフだったのに。帰ってからすぐ聞きたくなったのに。
うすらぼんやりしてたぜ、まったく。

* * * * *

♪シェルターの看板にこう書いてありました。ステキなセンス!
[PR]
by mocommune | 2005-12-26 21:46 | ライブ2005* | Comments(2)

∴トーキョーブラッサムvol.17 サンボ進んで二歩下がる

b0042682_710575.jpgあたしだって山さまと同じ怒髪チルドレンです。
ブサイクに目が慣れてしまうのか、途中からドラムの子がかわいくなってきました(ひどい言い様)。でも、これで心置きなくCDJはポリでカジャカジャできます。あーいとーへーいわー
ライブが始まる前は、サンボっ子が多くて、俺たちがアウェー!?って感じだったけれど、そんなこともなく、非常に楽しくて、サンボのライブのことを若干忘れているくらいなの(笑)
あと少しの今年を楽しく過ごせる気持ちをもらえました。
さて、あたしはこれから砂金取りに行ってきます(本気)。
ライブの感想はのちほど。いってきまーふ!
[PR]
by mocommune | 2005-12-17 07:17 | ライブ2005* | Comments(0)

∴PE’Z~東京の四季~ 冬の巻

b0042682_1252177.jpg今年最後のPE‘Z、ファイファイ祭を堪能してまいりました。
あたしは、春と冬だけの参戦でしたが、断然冬の方がよかった!
この曲が始まると、血が騒ぐ!っていうのはどのバンドにもあると思うんだけど、その連続で、後半はちょっとわけが分からなくなるほどでした。踊りまくり跳ねまくり。
それに、いつでも楽しそうにドラムを叩く航さんが大好きです。
花咲クドンブラゴー!と言ったり、思いっきりヘイッ!ってジャンプしたり。
なんだか今ここにいる人たち全員とお友達になれる気がしたよ。
そんな、あまりにも楽しいライブでした。

門田は友達の後輩だからどうでもいい>>>
[PR]
by mocommune | 2005-12-16 12:54 | ライブ2005* | Comments(0)

∴お前のリズムは松戸のリズム

b0042682_137252.jpgゴス!破れるに滅びると書いて破滅です。
山賊に遭遇しつつ、サダヲたんにジュースを買ってもらいに渋谷まで行ってきました。
いやもう本当に楽しすぎるのがグループ魂!
3時間弱のライブのほとんど笑ってた気がします。
ほぼコント仕立て!
アホアホコールアンドレスポンスもはりきってやってきました。
ロックの神様ことGOD先輩(てっきり向井先輩かと思ってたのでびっくり!)がゲストだったり、松尾さんが弟オーディションに登場したり、おまけに2人でショートコントを披露しちゃうんだも!大変レアな経験でした。次のCDJでも存分笑わせてもらいます!

* * * * *

♪グループ魂*東北の魂
松戸のスターは誰がなんと言おうとサダヲちゃんに決定!
[PR]
by mocommune | 2005-12-15 13:10 | ライブ2005* | Comments(3)

∴PE’Z~東京の四季~ 春の巻

b0042682_23574642.jpg(是)都でGO★GOしてまいりました。
楽しかった夜に、こんばんわ!
ヘイへイ言ったりファイファイ言ったりフォーフォー言ったり(言ってない)お祭騒ぎでした。
まさか、今日がロックの日だとは思わず(ポップの日と思ってた)、大山の“ロックの日”発言に若干ざわめいたものの(あたしたちのみ)、やはりヒイズミ先生のピアノにはしてやられました。
これからは大山先輩のことをかわいいと言う事を誓いま…
でも、あたしのヒイズミ先生が一番かわいかったです^^

マサユキは君たちのものじゃない!>>>
[PR]
by mocommune | 2005-12-13 00:11 | ライブ2005* | Comments(0)

∴持ち味で勝負 ガッチリ魅せてやれ!

b0042682_1636697.jpg胸を焦がすような熱い想い全部、捨てて暮らすのがマトモとは思えない人生を送っています。
天国ロックにて怒髪天とオイスカ。
はりきってさいたま新都心まで行ってきましたのです。
中途半端に改名したヴォーグことHEAVEN’S ROCKへ。
つうか近いね。埼玉という概念を覆したさいたま新都心。
今まで何やってたの、自分?と問い掛けたくなる近さでした。
これからはここも射程範囲決定。
どんどん広がる行動範囲!ビバ埼玉!!
7時に飲み屋を出て(注:開演7時)、飲み屋の女の子に“歩くと結構ある”という言葉にドキマギしつつ、おまわりさんに聞いたら親切にも、表に出てまで教えてくださいました。階段を下りて2つ目の信号を渡ってから右、1つ目の信号の角にある、とな。

無事到着。人が溢れていた天国ロック。
トイレに入ってたらどうやら始まってしまったらしく、慌てて中へ入る。
モッシュにもまれ、はじき出され何が何だかよくわからないまま結構前に行けました。
初のオイスカ。やばい。楽しすぎる!!
久しぶりのラッパやサックスの音、体中が騒ぎ出すリズムに渋ーい歌声。
これはもう踊るしかないね。ライブ前に飲んだビールがすぐここで蒸発。
ジャングルブギをやったり、対バン相手が日本語ロックということで、普段は英詩の歌を歌っているけど…と言って日本語の曲(シングルになっているらしい)を数曲やった。
途中から、一体メンバーは何人なのかとふと思い、数えてみたりもしたんですが(ライブに集中なさい)、アンコールで認識してない人がいたりしたので、不明、もしくはその日の気分によって増えたり減ったりの変動性、つまり謎という方向で処理(ちゃんと調べましょう)。
久しぶりに水蒸気がいっぱい出たライブだった。楽しかった!
あたしはまたひとつ、新たな楽しさを知ってしまったのです。
こうしてはじめましてのバンドを見ては、おりこうさんになってゆくのですね。
だからツーマンとか多数バンドの出るイベントって大好き。
オイスカワンマン行く事も決めちゃったし!あははーん。楽しみ☆
だってチケット売ってたんですもの。売り切れてるんだってよ!
こういう時の決断は、その時の気持ちとノリが大切(説得力まるでゼロ)。
そして、使用する機会を失うであろうTシャツがまた1枚増えました(でもサイン入りなの!)。
Tシャツにはオイスカ(ちゃんとアルファベットで書いてあるよ)の下に“NISHIOGI”とプリントされています。西荻ラブですね。西荻住みたーい!
ちなみにあたしのTシャツには千葉県在住というだけで“We are レイソル!”と書かれた(危うくタツノオトシゴまで書かれそうになった)(でも世界に1枚よ)(でもでも着る機会が…)
なんか同じスカでもスカパラとは全然違うの。
うまくいえないけど。スカパラはカチッとしてるけど、オイスカは汚いの(誉めてます)(笑)
違いといえば、衣装が統一されてないとかそれくらいしか胸を張って今は言えないわ。

次、怒髪天です。
ライブが終わったと同時くらいに、付近にはオイスカのメンバーが続々集結。
知らぬ間にオイスカに囲まれての怒髪天ライブとなりました。貴重。
あたしは持ち前の眼力で(見すぎという注意あり)、サックスの彼に“あ、どうも”という俺たち流一般的挨拶を導き出したりしました。しかも向こうから!
あたしに挨拶がねーんじゃねぇの?と言わんばかりです(何様?)。
また、そのサックスの彼の名前が慎太郎とくれば悶絶必至です。やはり慎太郎には縁が…
オイスカのメンバーってぷよぷよさんが多い(あとめがね率高し)ので、ぶつかるとボヨーンとなって、気持ちよかった(変態?)。
全身全霊という言葉は兄ィのためにあるんだなって思います。
いつも暑苦しくて楽しくてきゅん!とするライブです。
兄ィの髪型が変だった事と(伸びすぎて虫キングのよう)、王子のシャツがはだけすぎで目のやり場に困った事と、シミさんがいつでもにこにこ笑いかけて、ウンウン頷いてくれるのでいちいちときめいて、坂さんは思った以上に見えなかった(尋常ない汗をかいていたらしいよ。兄ィ談)。
とりあえず、ニッポニアニッポニアニッポンを早急に買い求めます。

きっといろんなことがめくるめく明日からも、また頑張れそうよ!
だって兄ィに何度も指を指されちゃったんだから!!

* * * * *

♪怒髪天*サスパズレ

こっそりスカパラfeatタカスィ~に対抗したオイスカfeat増子直純期待しておりまふ(笑)
[PR]
by mocommune | 2005-12-05 18:14 | ライブ2005* | Comments(2)

∴最後にはきっと 僕こそがラブ・マシーン

b0042682_23253281.jpg鼻はぐしゅぐしゅ、咳もげほげほしつつ、恵比寿リキッドにて行われたステキイベント、GO FOR THE SUNへ行ってまいりました。
ただいまこんばんわ。あー楽しかった!楽しかったよー!!
どのバンドも楽しみなんていうイベントは久しぶりで、わくわくわくわくしていたんですが、予感は見事に的中!夢のような時間でした。
それはもう風邪ひいてたこと忘れちゃうくらいに最高に楽しいひとときでした。アンコールなんか嬉しすぎて鼻血出そうだったも(笑)
とにかくスパルタがとってもパンクでカッコよかったです。
アナログのグルーブ感も最高気持ちよかった。
フジ??フジねぇ(笑)(今回の印象が薄いかも)

* * * * *

♪小沢健二feat.スチャダラパー*今夜はブギーバック

Shall We ROCK?>>>
[PR]
by mocommune | 2005-11-23 23:47 | ライブ2005* | Comments(0)