たわわ、たわわん*

カテゴリ: ・・・2009.12月( 22 )

ましっけった韓国 19

b0042682_13584848.jpg
いよいよ日本へ。
金浦空港の免税店、こぢんまりとしてますね。
ここで、残りのウォンを全部使い切るために、
ぎゅぎゅっとお買い物に集中して、機内へ。

b0042682_1411859.jpg
そして、機内に入る前の新聞置き場にこれが!
この新聞、水原へ行く時にキオスクで見つけて、
お松先輩が乱舞してあるだけを買い占めた新聞がなんと無料で!!
グッジョブアシアナとわたしたちも一部ずついただいて協力(笑)
どのお土産よりも、これがいちばん喜ばれるわ~
とはお松談です。
この方は、カン・ドンウォンさんとおっしゃるそうです。

b0042682_1444274.jpg
機内食
そして
b0042682_1461740.jpg
これが最後のかんぱーい!
どのビールがいちばんおいしいか、
この4日間で確かめようなんて思っていたけど、
結局どれがどれだかわからなかったな~
どれも同じような味というか。

あっという間に日本に着いて4日間終了。
楽しかったな~
思い返すといろいろ食べたけど、4日間なんてあっという間。
また行きたいな。

*
*

これで2009年12月の旅の記録はおしまいです。
今回の旅で学んだことは…
★少人数より大人数で行ったほうがいい
 いつも2人で行っていたけど、
 今回のように4人位で行くといろいろ食べれるしね。
★韓国語が話せるor読めると便利
 お松を見ていると、本当に生き生きとしていて楽しそう。
 勉強したことが実践できるっていいよね

以上を踏まえ、2010年もこの4人で、
そしてすこーしだけ韓国語を勉強して、
またお腹いっぱい食べに行きたいと思います!
[PR]
by mocommune | 2010-01-12 13:56 |  ・・・2009.12月 | Comments(0)

ましっけった韓国 18

空港について、チェックイン。
荷物が無事通過するのを見て、おばやんとお別れ。
さして感動もなく。

さて、わたしたちは最後のミッションを。
何かと申しますと、パッピンス!
ぜひこれを食べてみたかった。
けど、市内では寒くてきっと食べられないだろうからと、
空港で食べようと決めていました。
みんなから集めた食費がまだ1万円くらい残っていて驚愕!
少しでも使い果たそうと大きいのを食べようと思い、
4人前を頼んだんだけれど、お姉さんに2人分で十分と阻止(笑)
だよね~
見た目、がつがつ食べなさそうな妙齢女子ですものね・・・
しかも寒いし。

番号札的なものを渡され、呼ばれるまで待ちます。
きっとわからないと思っていたんだけれど、
カウンターにでかいパッピンスの登場で、
あれはきっと我々のだと、呼ばれる前に出向いてみました。
そうです。寒いのに、パッピンスを食べるなんて、観光客しかいませんもの。

b0042682_15121833.jpg
でかいでしょ~
タバコとか置いて、大きさを比べられるように写真を撮ればよかったけれど。
いかんせんでかい。
フルーツはバナナとイチゴとキウイとパイナップル。
缶詰のフルーツ(桃とか寒天とか)がどっさり。
真ん中のソフトクリームと、かき氷はたぶんミルク味なのかな?
あとは、あずきが入ってます。

最初は上の部分を回しながら重点的に食べて、
少し飽きてきたら、かき氷と混ぜて混ぜてぐしゃぐしゃに。
か、体が冷える~~~

b0042682_15172572.jpg
ここで、お松は別ミッションへ。
金浦空港のこのイメージボーイたち(名前聞いたけどわからない)が、
日本から帰国するという情報が届いたらしく、
急いで到着ロビーへ向かいました。

さて、わたしたちは小さな免税店でまたしてもお買い物!
[PR]
by mocommune | 2010-01-11 15:34 |  ・・・2009.12月 | Comments(2)

ましっけった韓国 17

ホテルに戻り、少し時間があったのでコーヒーを。
間違いなくコーヒーが飲めるのはスタバでしょうと、
スタバへ行って、本日のコーヒーを買ってロビーで飲みます。

b0042682_1545118.jpg
韓国の人は、ストローで熱い飲みものを飲んでますよね。
試してみたけど、これが飲みづらい!
やけどしちゃいます。
ちびっとずつ飲みたいとか?
歩きながら飲みたいとか。
一体どんな理由があるのか知りたい。

そして、ガイドのおばやんが迎えに来てくれたので、
一路金浦空港へ、車をすっ飛ばします。
[PR]
by mocommune | 2010-01-11 15:06 |  ・・・2009.12月 | Comments(0)

ましっけった韓国 16

一度部屋に戻りチェックアウト。
通常のチェックアウトも12:00というのもこのホテルのいいところ。

荷物がどうやっても入らないなんて、こんなの初めて!
大人3人が乗って、何度目かでようやく鍵が閉まりました。
相当に重い・・・

チェックアウトを済ませ、荷物を預かってもらい身軽に。
そして、お昼ご飯。
こうして、明洞ですごすのもあと残りわずかです。

ガイドのおばやんが13:30に迎えに来ちゃうし、
それまでにホテルに帰ってこなくちゃいけない。
さーて、何を食べようか悩み、
朝ごはんで食べるつもりだった冷麺のお店へ行こう!と
市庁方面へ歩きます。
小さな小道を入っていくのに、お松先輩はひるまず、
ずんずん進んでいきます。

b0042682_14253273.jpg
すると、突然韓屋風の建物。
ここが『南浦麺屋』です。
ピョンヤン式冷麺が食べられるお店。
その前に、平壌(ピョンヤン)式と咸興(ハムン)式冷麺の違いをお勉強。
麺にそば粉を使うのが平壌式、ジャガイモとさつま芋の澱粉を使うのが咸興式
となるそうです。

b0042682_14271885.jpg
中もとっても雰囲気があって。
コチュジャンを仕込んだ壺が年代別に置かれています。

b0042682_14273219.jpg
頼んだのはもちろん冷麺!
寒さなんか関係ない。
テレビでは、釜山では大雪というニュースをやっていて
いかにも寒々しかったけれど、関係ない。

b0042682_14431438.jpg
お母さんがはさみで麺を切ってくれます。
お酢を入れたりマスタードを入れたり、キムチを入れたりして味変。
冷たい麺なので、体が冷えてしまったらお母さんに頼んで熱々のスープをもらいます。
やかんでドボドボ注いでくれるんだけれど
これがまたおいしかったな~

b0042682_14432753.jpg
雰囲気のあるステキなお店でした。
満腹で外に出たら小雪が舞っていた。
もちろん。
こなーーーゆきーーー!と歌ったことは言うまでもありません。

--

お昼ごはんのお店:『南浦麺屋』
ソウルナビの記事はこちら
[PR]
by mocommune | 2010-01-11 14:49 |  ・・・2009.12月 | Comments(0)

ましっけった韓国 15

b0042682_1434982.jpg
悲しくても最後の朝。
今朝も寒い!
朝ごはん、何食べようか?と話してて、
気になっていた冷麺屋さんに行こう!ということなった。
歩いて市庁方面へ。
するとお松、きゃー!11:30開店でした~と。
じゃぁ近くで何か食べようと入ったのが『明洞栄養粥専門店』です。
階段降りていくと、なんと行列が・・・!(全員日本人です)
おおお!すごいですね。
10分くらい待っている間に、
みんなキムチやらイカキムチを大量に買っていくのにびっくり。
お願いすると、滞在中のホテルまで届けてくれるみたい。
おいしいのかな~とわくわく。

b0042682_1444166.jpg
席について、きのこと牡蠣のお粥(写真)×2、かぼちゃのお粥、えびのお粥を注文。

b0042682_145410.jpg
そしてこのかぼちゃのお粥、はじめて見たけどポタージュみたい!
甘くて濃厚でおいしい。
いつも、お粥屋さんでは海鮮ものを頼みがちなので、
たまにはこういうのもいいかもしれない。

おなかいっぱーい!といいながら明洞方面へ。
これが最後のお買い物です。
買い忘れたものはないかな?とぶーらぶら。
THE FACE SHOPのお姉さんにお別れの挨拶。
なんとここのお姉さん、
わたしが前回(2009年1月)に渡韓した時に、一緒に写真を撮ったり
年齢も近くて(けれど彼女には小3の息子がいる!)、日本の話をしていて。
だから今回お店の中に入ったら“おねーさん!”と呼ばれてびっくりしたのに、
更に、お松も贔屓にしているお姉さんということが判明。
そんな彼女に力強くおススメされて購入したマスク類は、
滞在中、毎日自分達でパックして確認。
その中でもすっごくよかった美人図のマスクと美容液を追加で購入。
本当にこれで最後、これ以上買ったら荷物入らなくなる・・・と言いながら。
た の し す ぎ る !
[PR]
by mocommune | 2010-01-11 14:20 |  ・・・2009.12月 | Comments(0)

ましっけった韓国 14

少し間が空いてしまいましたが、
12月の韓国旅行のつづき。

--

さて。
買い物欲も満たされ、あとは酒を飲むだけ(笑)
まさか、こんなことになるとは思っていなかったので、
明洞の居酒屋さんなんか調べていなくて。

THE FACE SHOPで仲良くなったお姉さんに聞いてみようと思ったらおらず。
う~んとさまよっていたら『安』というお店に遭遇。
そういえば、よくガイドブックに載っていて、
フルーツ焼酎で有名(?)なお店だったはず、と入店。
おなかがパンパンだったので、ちょうどよかったかも。

b0042682_13464996.jpg
フルーツ焼酎で有名だったよね、といいつつ結局ビールなんです。
だって、ビール好きなんだもーん。
この旅最後のかんぱーい!

b0042682_13472196.jpg
乾杯してたら、お通しが出てきてびっくり。
手前からお豆腐・乾パンにお砂糖がまぶしてあるやつ・海草(と思われる)が出てきました。

b0042682_13474056.jpg
何か注文しないといけないと思い、手長だこの炒め物を。
これが日本だったら“その分飲みますから~”と言って
2軒目ならお料理ほとんど頼まないんだけどね☆
一応、韓国らしいものをと思って頼みましたが、
隣の席のグループは、やっぱりフライドチキンを食べてました。

この日は土曜日だったから、周りもご陽気なグループばかりで、
日本語で喋っていても、変な目で見られることなく、
ゲラゲラ笑いながらぐいぐいビールをおかわり。

振り返ると、この旅では、マッコリも焼酎も飲まず、
ずーっとビールばかり飲んでいたことを反省(笑)
でも、ビールっておいしいよね(まだ言ってる)。

b0042682_13512491.jpg
私たちもご陽気でホテルへ戻ります。
夜遅くってもすぐホテルに帰れちゃうし、
カードキーをかざさないと、自分たちの泊まっている階にはいけません。
あー。本当に最高に便利なホテルに泊まってしまった。
もうここ以外泊まれないかも!

バスタブが付いていないので、
その分(?)スパが付いてるんだけれど、
24時間ではなく1:00までだった(かな?)ので、
わたしと伊藤さんは一度も利用せず。
高橋さんとお松は利用してたけど、
体が温まってよかったそう(でも、お客さんがいっぱいいたとも)。
確かに、お部屋のシャワーの温度は低かったかもしれないけど、
きにしなーい。
[PR]
by mocommune | 2010-01-11 13:57 |  ・・・2009.12月 | Comments(0)

ましっけった韓国 13

タクシーで明洞のミリオレまで戻ってきました。
またしても、お買い物。
スパーク。
そういえば・・・と、ミリオレ横のtabbyという新しいビルの中に、
かわいい靴屋さんが入っていると調べていたので
楽しみにしていたんだけれど、閉店が22:30でした。
ザンネン・・・
次回のお楽しみということで!

b0042682_1431184.jpg
そして出会ったホットク。
やっぱり滞在中1回は食べないとね!
生地が緑色のやつははじめて。
熱々のトロトロでやっぱりおいしかった~
[PR]
by mocommune | 2009-12-29 14:04 |  ・・・2009.12月 | Comments(0)

ましっけった韓国 12

さて、最後の夜のメインディッシュは、蟹ちゃんです!
今が旬と聞いていたし、
カンジャンケジャン、おかずについてくるのしか食べたことなかったので、
是非一度は食べてみたかった。
ガイドのおばやんが、明洞でもおいしいところがある、
って言ってたけれど、それは本当だったかもしれない・・・

b0042682_13422084.jpg
わたしたちは電車で狎鴎亭まで。
ここで、お買い物がてら新沙まで歩きます。
そして、サクッとわたしはゴヤールのバッグを買っちゃったよ!
うひょひょ~
また荷物が増えた~

前日に来たときは、もう真夜中だったので、
何も見ることができなかったんだけれど、
楽しみにしていたカロスキルへやってきました。
すごくハイソな毛皮屋さんがあって、冷やかしてみたり、
お洋服屋さんもたくさんあって、
東大門でも思ったけど、こんなに洋服にまみれているのに
なんか、どこかで見たことのあるようなものばかり。
おしゃれな人もなかなかいなくて(もちろん、ステキ!と思う人もいたんだけど)。
あと、1人で行動していても、日本人ってわかるのか、
お店の人、声をかけてこないよね。
それに、ニットとか広げると、すぐに元に戻されちゃう(触っただけでも)。
ここは日本じゃないからそういう違いはあって当たり前だけど、
あからさまに直されたり、舌打ちされたり、嫌な顔したりっていうのはね。
もともと韓国でお洋服を買うつもりはなかったのに、
いろいろ物色したわたしが悪いんだけど!

b0042682_13424387.jpg
そして、楽しみにしていたのがここ。
CREAの特集に載っていた、手作りのアクセサリー屋さん『dami』へ。
小さなお店。
ここで、かわいいロングのネックレスを1つ購入。
ただ、早速翌日つけたらものすごく長かったというオチが・・・(笑)
その場でイヤリングに加工してもらっている人がいたので、
もしかしたら、チェーンも短くしてくれるかも。
次回のお楽しみにしよう。
damiの詳細はこちら

あっちぶらぶら、こっちぶらぶらしつつ、
BABARAやFrench sole & London soleなどを覗いたり(かわいいの皆無)、
テレビで見たschoolfoodを見かけたりしつつ、
新沙に到着。

b0042682_13441256.jpg
途中にものすごくきれいなイルミネーション!
と思ったら、教会でした。

b0042682_13465647.jpg
やってきたのは、有名な『プロカンジャンケジャン』
儲かりすぎて(?)、きれいなでっかいビルになっていました。

b0042682_134718100.jpg
イスにも蟹ちゃんが。
壁には清原とか朝青龍がいます(写真で)。
遅い時間だったので、満席というわけではないけれど、
それでもひっきりなしに人は入ってきていて。
私たちは、カンジャンケジャン小とアグチム、
そしてケランチムを注文(クーポンを忘れた)。

b0042682_13473549.jpg
毎度おなじみの乾杯風景。
うまい!
この一杯のためにだけに生きています!

b0042682_13505067.jpg
そしてやってきたカニ!
オレンジ色の内子がとろけておいしい~

b0042682_1351649.jpg
そしてやってきたアグチム。
これが!
まっずーーーい!!
何これ、劇的にまずいんですけど(笑)
確かに、以前『馬山アグチム』で食べたアグチムが激辛(だけど激ウマ)で、
口から火が出る思いをしたから、
あまり辛くしないでってお願いはしたんだけれど、
ナポリタンみたいな感じになっちゃって。
うっそー!って声上げたもん。

アンコウがブルブル過ぎて気持ちが悪い。
身の部分が全然なくて、もやしばっかり。
しかも、得体の知れない何かが入っていて、
口の中で、カチッと割れるとビュっと液体がほとばしる、
なんとも奇妙な食材があって。
虫かな~、貝かな~といいつつ、
2つ目は箸が伸びません。
どんぐりみたいな形状。
新食感(いい意味では使えないけど)。
アップで写真撮ればよかった。

b0042682_13512046.jpg
ケランチムも、なんだかとっても焦げ臭く、
味も焦げっぽい(実際に焦げていた)。
これはもしかしたらガイドさんの言うとおり、
こんなところまでこなくても、
明洞のおいしいカンジャンケジャンのお店で十分だったかも。

まぁ、カンジャンケジャンはおいしかったけど。
でもね。
ちょっと納得がいかない。
カンジャンケジャンだけなら他にもっとおいしいところがあるはず。
口直しに飲みに行こう!と言って、早々にお店を後にしました。
だって、わたしたちの旅の最後のご飯がまずかったなんて、
そんなのは絶対にダメなんだから!

--

b0042682_13571786.jpg
いや、キミはおいしかったよ。
いかんせんアグチムがね・・・
これはあくまでわたし個人が感じたことなので、
同じように感じるとは限りません。
軽く読み流してください。
[PR]
by mocommune | 2009-12-29 13:12 |  ・・・2009.12月 | Comments(0)

ましっけった韓国 11

はちきれそうなおなかを抱えて、
東大門のDOOTAへ。
ここでわたしたちは、1時間くらいお買い物に没頭し、
次はおやつのお店へ。
といっても、すでに5時6時ぐらいだったでしょうか。
寒かったので、電車で一駅移動しようと話していたんだけれど、
いかんせん、おなかが空かないので、やっぱり一駅分歩くことに。
最終日とあってラストスパートです。

b0042682_1249226.jpg
ソウルには○○横丁とか○○通りというのが多くて、
その中でも新堂洞のトッポギ通りへ行ってみようと。
そして、おんなじトッポギ鍋でも、
三清洞の『モッシドンナ』とどっちがおいしいか
食べ比べをしてみようではないか!と。
トッポギ通りと書いてある(たぶん)電色の
一文字が消えてしまっているのが残念。
訪れたのは『マボンニムハルモニ・マンネアドゥルネ』

b0042682_12495688.jpg
元祖と呼ばれているお店らしく、中には人がたくさん!
アジュンマに連れて行かれて席に着き、
何人分?と聞かれてイインブン!と答えれば
あとはお鍋がドーンとやってきます。
具は、トッポギはもちろんのこと(メインだもんね)。
おでんに、ゆでたまご(頼んだ人数分の個数が入っていると思われる)、
それに、揚げ餃子(?)に、インスタントラーメン。
あとは、パスタのようなマロニーちゃんのような麺が入っていました。
もしかすると、トッピングできたりするのかもしれないけれど、
オーソドックスなものは以上が具。

b0042682_1250473.jpg
味は、真っ赤だけれどちょっと甘辛くて、後引くうまさ。
汁がどんどん煮詰まって、具に絡まって。
味が少しずつ濃厚になって、辛味も増しておいしい。
け れ ど !
やっぱり、モッシドンナの方がおいしいかな~
なんていうか、モッシドンナの方が、よりおやつ感覚で、軽いというか。
だって、食事と食事の間でも、2人でイインブン、ペロリといけて、
さらに、ポックンパまで。
こちらは、食事という感じがします(現に、家族連れも多かったし)。
3人連れのご家族は、サインブン(4人前)注文されてました。
お鍋の大きさは、どこも一緒なので、入っている具の量が違うのかな。

b0042682_12524564.jpg
パックごと出てくるたくあん(ぶれているが)

b0042682_12532429.jpg
そして、どんと置かれたやかん!
ダイナミックだよね~

ちなみに、エプロン(赤い花柄のやつ)付けて食べているのは、
わたしたちと、こどもだけでした!
次の横丁制覇は、卵焼き横丁かな。

--

お店:『マボンニムハルモニ・マンネアドゥルネ』

モッシドンナのトッポギ鍋
[PR]
by mocommune | 2009-12-29 13:00 |  ・・・2009.12月 | Comments(0)

ましっけった韓国 10

ひとまず、おなかがいっぱいになってしまったので、
東大門のもう一つのディープスポット、革の専門店へ。
オーダーで作れたり、既成のものだったりと、
所狭しと革・革・革!
ビルに入った途端革の匂いが半端ない。
その中の一つのお店で、
わたし好みのかわいいレザーのジャケットがあったんだけれど、
フードが付いていて・・・
フード、好きではないので断念。
結局、手袋を買うにとどまりました。
革製品、安かったです。
セーブルのストールが似合うようなマダムになりたい・・・
無理よ!と言われたけど!!

b0042682_12143623.jpg
そして、タッカンマリです!
もうお昼ごはんなのか何ご飯なのか、そういう問題じゃありません。
渡韓のたびにタッカンマリは食べているんだけれど、
来たのはここのお店ではなくて。
前回ここへ来ようとしたら、燃えていた!
そしてあっという間に復活。
なので、キレイに新しく立て替えられてから初のタッカンマリです。

b0042682_1215323.jpg
席に着くと、何人前(?)(何羽分?)か聞かれ、
イインブン!と元気よく答えてどーんと鍋。
チキンを丸ごと見るなんてことあんまりないからインパクト大!

b0042682_12153674.jpg
はい、かんぱーい!
これだけ乾杯しているのに、お気づきでしょうか。
1人、ビールが苦手な人がいるのです。
毎度毎度、お付き合いさせてしまって、申し訳ない。
彼女は、コーラかサイダーをいつも飲んでました。
辛いものに炭酸って合うよね~

b0042682_1219874.jpg
お父さんとお母さんが交互で面倒を見てくれるんだけれど、
お父さんとお母さんの言うことが少しずつ違って、
わたしたちはお母さんの言うことを信じることに(笑)

b0042682_12193721.jpg
しばらくするとぐつぐつ煮えてきて。
お母さんがはさみで鶏をちょきちょきダイナミックに切ってくれます。
タレ(タテギ・マスタード・お酢・おしょうゆなど)の準備も万端だし、
耐え切れなくなって、勝手に食べようとしたら、お母さんが飛んできた!
あと5分と言われたり、まだ食べちゃダメ!って言われたり。
お母さんの指示を仰ぎ、OK が出たときの喜びといったら!
食べやすい所から、そうでないところまで(笑)、むしゃむしゃ。
コラーゲン・コラーゲン言いながら間食。
最後は麺でしめました。
おいしかった~!

b0042682_12272498.jpg
この日が韓国最終日なので、ラストスパート。
これからおやつのトッポギ鍋(笑)
お店に行く途中に通る、焼き魚(タチウオ?)横丁。
香ばしいいい香りが。
次は、ここで焼き魚定食を!

--

お店:『陳玉華ハルメ元祖タッカンマリ』
[PR]
by mocommune | 2009-12-29 12:33 |  ・・・2009.12月 | Comments(0)