たわわ、たわわん*

カテゴリ:ライブ2006*( 59 )

いつでもスマイルしててね 深刻ぶった女はきれいじゃないから

b0042682_04159.jpg今回は見すぎたが故に、劇的に疲れた。いろんな人を欲張ってちょこちょこ見過ぎましたことを反省しているCDJ。
個人的には3日間の方がよかったかも。
きちんとしたレポートはこちらから>>>
わたしによる廃人レポートはこちら>>>
一番よかったのは100sかな。
あとはホフ!スマイルはわたしのテーマソングに決定!
くるりやスパルタの記憶が遠いかなたに。
感想を書こうとすると、やたらと長くなってしまうので、ライブを見た人の感想を箇条書きにします。
29日
くるり
・13時半スタートかと思い込み(わたしだけが)、くるりダッシュ
・危うく去年の二の舞になるところ
・岸田はパーカーのフード(もけもけ付)を被っての登場(ちょっとかわいい)
・フェス仕様にワンゲルや東京もやるけど(ものすごく盛り上がる)
・ファンも喜ぶチャイナやすけべもやるところがニクイ
・わかってらっしゃる!
・さとちんののどの調子が悪そうだった
・岸田はフードをわざわざ被ってバイバイ
・にゃっきーが若いことに驚いた(23歳とか言ってた気が)

フジファブリック
・生銀河で生ダンスを踊らないと年が越せない(勝手)
・1曲目が打ち上げ花火でどんより
・スパルタが迫っているのでできれば早く銀河をお願いしたい
・銀河だー!
・指を指されて笑われても気にしなーい
・ダイノジを想って精一杯踊りました

スパルタローカルズ
・おお!空いている
・ので、ずんずん前へ
・でも、人にまみれては踊りたくないの
・ずんずんずんずん
・きゃっ!いちばんまえ!!
・1年分の“ばかやろう!”してきました

キャプテンストライダム
・のんびりしてたらうっかり始まる時間
・急ぐ
・人がいっぱいいるー!
・ギターもベースも2人いて5人編成のキャプスト初めて見た
・みなさん年末に倉庫に集まっているんですよー
・とか
・岸田今日子は死んだけど我らがカトちゃんは奇跡の生還
・とか
・そして“カトちゃんペッ”の頭文字(?)をとって
・“K!T!C!ピッ!”のコールアンドレスポンス(お約束)
・Kがちょっと難しい(そういう問題か)
・キミトベで胸キュン!
・結局わたしたちはおばけナイター@広島へ行くことに

bonobos
・もう始まっている風味
・急ぐの面倒くさい
・でもやっぱり見たい
・けど走ったりするの嫌
・結局おしゃべり&ビール
・そろそろ行くかと行くと・・・
・thank you for the music!!
・すばらしい歌声に涙
・ちゃんと最初から見ればよかったと後悔

The Verbs+奥田民生
・やっぱり見ておこうと
・民生先輩と外人の絡みよ!
・えっ?誰??女の人が歌ってる?
・よくわからないまま今のうちにトイレへ(ひどい)
・みんな考えることは一緒みたいで行列
・出てきたら民生の“ありがとう~”って声
・来てよかった

東京スカパラダイスオーケストラ
・出てきた
・ピンクのスーツ
・谷中がやくざみたい
・加藤先輩が泥酔くさい
・欣ちゃんがはだけれるくさい(見えないから勝手な妄想)
・リオの時に湘南乃風的なタオル回しが!!>ジャイアンによる煽り
・いつの間にそんな仕様に
・熱唱するOさんがあんまり好きくありません
・はじめちゃんマグミみたい(外見がね)
・GAMOちゃんはサービス精神旺盛な感じのスキャットでした
・SKA ME CRAZYがよろしかったです

30日
ZAZEN BOYS
・向井せんぱーい!
・ギターカシオメンがステキ
・すき(はぁと)
・帽子に“MATSURI STUDIO”TシャツにGパンだった
・しゅてき~
・幕張の80%がへんたーい!
・もちろんわたしも変態で構いません
・むしろ変態でいたい
・柔道二段松下敦がどんどん痩せていってる!!
・半透明少女関係でお祭り騒ぎ
・ラッセーラッセーラッセーラ~

SUEMITSU&THE SUEMITH
・アレグロカンタービレとアイロニーだけ聴けた
・すごくよかった
・すっごくよかった

PUFFY
・人がすごい
・働く男はユニコーンの方が好き
・パフィーは人の力を借りないとダメなのか
・ユニコーンといいスカパラといい
・知ってる曲ばっかで楽しい
・CMの曲が聴けてよかった(油のCM)
・アジアの純真が非常に懐かしかった

電気グルーヴ
・瀧が富士山の着ぐるみで登場
・期待を裏切らない
・ふ じ さーん !
・ふ じ さーん !
・ま い ご は や ば い ぞ
・ふ じ さーん !
・瀧バウアー
・周りの人が誰もやらなかったけれど
・俺1人で瀧と一緒に瀧バウアー(一斉に瀧バウアー)
・待ってくださいちょっと待ってください言わせてください電気グルーヴです!>卓球
・あいとぅいまてーん>瀧
・瀧がダンサーとともに華麗なダンスを披露
・最後が虹だった
・サポートが琉球ディスコの片割れかと思ってたらカガミだった

ゆらゆら帝国(幕張には出ていないけど)
・温かく見送られる
・坂本さんによろしく~って
・恵比寿到着
・指輪を買おうと思ったら売切れていた@nojess
・三上寛のライブの途中でした
・なんかこう勝手に立川談志的風貌かと思っていたんですが
・額にバンダナ的な
・椅子に座ってフォーク的な
・違った
・覆った
・和尚さん??みたいな感じで
・“爆破すべき美術館 そうすべきではなーい美術館”って歌詞が印象的でかっこゆす
・対バンの相手ってどうやって決まるのかな、誰が決めるのかなって疑問だったんだけど
・三上さんが解決してくれた
・坂本さんに声をかけていただいてステキな場所でライブができました
・ってMCで言ってた
・坂本さんが決めてるんだね
・ライブ
・傷だらけのギターが聴けてうれしかったのと
・坂本さんの左手の動きと
・ピックを使わないでギターを弾くところの凝視
・セクシー
・あとは千代の髪の毛がありえない位伸びてました
・一郎さんを見えない位置にいたので妄想で一郎さんはすばらしい太鼓を叩いてました
・今年も一年ありがとうございました、来年もよろしくお願いします
・と、すごくゆっくりもわもわっと喋った

【セットリスト】
砂のお城
侵入
男は不安定
傷だらけのギター
ハチとミツ
アイツのテーマ
誰だっけ
タコ物語
順番には逆らえない
次の夜
EVIL CAR
すべるバー
夜行性の三匹
ロボットでした
3×3×3

* * * * *

♪ホフディラン*スマイル

31日と1日はこちらから
[PR]
by mocommune | 2007-01-03 01:17 | ライブ2006* | Comments(0)

沈む夕日と一番星が 出会うように

b0042682_043194.jpg京都から戻ってきたくるりを見てきました。
初めてのみやこ音楽祭。
今の荒んだわたしの心には、くるりの、岸田の声は刺激が強すぎると思い、ビールをたくさん飲んだんだけれど、くるりの出番に近付けば近付くほどに酔いが期待に変わりどきどきわくわくそわそわしてしまい、意識は冴え冴えしていました。
案の定ぐっときて泣いたりわらったりしました。
くるりばんざい。だいすきくるり。
東京でおこなうみやこ音楽祭は今回が初めてだから、まだベイビーやけど、盛り上げていくんでよろしく!
と、シグルは言ったけれど、いや、わたしはきっと来年、本場のみやこ音楽祭に行きたいと強く思いました。

* * * * *

♪くるり*5月の海

ちょっとしたくるりファンならちびるセットリストでした
[PR]
by mocommune | 2006-12-06 00:00 | ライブ2006* | Comments(2)

このまま U.F.O.の軌道にのって あなたと逃避行

b0042682_21513751.jpg遠かった。雨だった。寒かった。
本厚木は遠かった。なんだかんだで2時間半もかかっちゃったYO!
おまけに志村にヤラレチャタヨ!
だから、フジ→ドーパンの順番がいいって言ったのに。ぶーぶー。
だってさ、茜色の夕日で終わるより、YA YAで終わった方がなんとなくいいでしょ。
気分的に。楽しかった感が違うというか。
楽しかったね!がフジで、楽しかったー!がドーパン。
わかりづらいけれど、楽しかった感の持続とか感じ方が違うと思うの。
余韻に浸る感じとまだまだ熱がある感じとじゃ。
終わってしまったライブが過去になるかそれとも継続されているというか。
ドーパンはよかった。さいっこうよ。
だってね、ドーパンはカウントダウンのリハーサルしたんだから!
10・9・8・・・・・・・・1!
ジャーン!Happy new year!!ってやっちゃったんだから。
なにがなんだかです。なぜ今?っていうね。
途中で終わるのかと思ったら年が明けてしまいましたよ、ロックスター・・・
周りにあまりメイニアたちがいなかったので、ロックスターロックスターとはしゃぐわたしたちは浮きまくりでしたが、がっつり踊りました。座席をこっそり移動してまで!
だって、踊れないドーパン(というよりライブ)ほどストレスが溜まることはないじゃない?だから。後ろの方はずいぶんと空いてたし。しかも体育館はそれほど大きくなかったら見えたし。
おまけに、当日券は1000円という罠でした。ブーブー(前売りは1500円)。
寒い寒い体育館だったけれど、汗ばんだもの。
ドーパン、場所を問わず楽しませてくれました。年越し楽しみ☆
ロックスターと一緒に年が越せるのよ!
でも、ミラコーのあのアレンジはしゅんとしちゃうから嫌かも。

フジね。
フジは新曲をやりすぎ(でも1曲目の花屋の娘には驚いた)。
ワンマンならともかく、イベントで限られた時間しかないのに、新曲を10曲中4曲はやりすぎだと思う。わたしが生粋のドーアメイニアだったら心まったくつかまれずだよ。
それがね、何度も披露していて、みんなが知ってる新曲(例えばリーズン@ドーパンとかね)だったらまた違ったのかもしれないけれど、初めて聴くからなんか棒立ちでした。それが中盤4曲。どーんと持ってきた。
しかもね、なんだか暗いの。でもね、フジ特有のぐにゃぐにゃ感全開でしたけど。
映画のエンディングの曲(といえば我らの髭ちゃんも歌うらしいね!)は、ハーモニーがステキでしたが(但し、アナログには勝てない)、青いライトが志村にばーんと当たって、なんだか鬼太郎度倍増でした。
あとは、金澤くんが退院したよみたいな報告。
DO・DEMO・E!
陽炎でおしまいだなんて誰も想像してなかったと思うけど、曲数からいったら妥当だよね。
アンコールが虹だったのがせめてもの救い。つうか、誰もが想像してたと思う。
虹の“イェーーーイ!”ってとこは好き。
この消化不良なセットリストを境にフジファ部から卒業かも!?(笑)
だって、幕張の方では一番大きいところなんでしょ?
心配(セットリストが)(キャプスト@C.C.Lemonの方がもっと心配)(これはキャパの問題)。

あと、全体的にMCは聞き取りづらかった。体育館だからしょうがないけどね。
けれど面白かったのは、
志村:ロックスターって人何か言ってました?
お客:舞い上がってるって言ってたよー
志村:ムフッ!ロックスターめ!自分でロックスターって言いやがって
というくだりがありました。
ロックスターは、ドーパンとフジを学祭に呼ぶなんてセンスがいい!俺の次に!!
と言うロックスターっぷり。

帰りの長い長い電車の中ではキャプストの話がメイン。
だって好きなんだもー!
大人にはなれない なる気もないってとこが好き!とか、“キャプスト幕張2days完売御礼!”なんていやだよね、とか“レミオロメン待望のニューシングル『すけべな女の子』ってやだよね”とか“逆に、髭の新作は『粉雪』だったらげんなりだよね”なんて他愛の無い話を永遠と。
で、結局おばけナイターには行くかもです。
あとは、来年の野望の朝霧。
今はフジロックより行ってみたい朝霧です。

* * * * *

♪フジファブリック*銀河
そりゃ踊ったよ、ダイノジダンス!
生銀河で踊れるとは!!なんて贅沢なの。

セットリスト
[PR]
by mocommune | 2006-11-19 00:00 | ライブ2006* | Comments(2)

大人にはなれない なる気もない

b0042682_212565.jpg永友くんが大きく白で“V”というプリントがされている赤のTシャツを着ていたので、それはもう勝手にVICTORYのVだと思い、永友はやりすぎだ、と思ってました。
だって、サポートを入れて6人編成のキャプストだったし、全員がそんな感じでアルファベットが1文字ずつ入ったTシャツ着用だったので、これはもう絶対的にVICTORY(1文字多いんだけどね)かと。恥ずかしいよばか。何にビクトリーなんだよばか、と。
ま、それぞれのパートの頭文字だったんですけどね(ボーカルのV、ベースのBという感じ)(永友くんの告白より先にわかったよ!)。
ライブは、たのしかったー!3回とも行けばよかったと激しく後悔。
1曲目の『あと半分』は、いつも流れてくると飛ばしちゃう曲だった(アルバムの中で1曲はあるよね、そういう曲)けど。
しかも、なんと3曲目に早くもキミトベが!!
衝撃だよね。キミトベが!終わってしまった・・・
あとは、いつマウンテンをやるのかそわそわしてましたら、最後の最後にやったので、待ってました感溢れるマウンテンでした。
盛り上がった、超。
けれど、永友くんののどの調子があんまりよくなかったみたいで、流星オールナイトのときは声が出てなかった。
最初は、歌詞を忘れちゃったのかな?なんて思ってたんだけれど、高音部分が出なかったようでした。心配。
そして3月に今はなき渋公でワンマンだって!やったー!
行くー!(けど人が集まるか心配)(みんなキャプストのライブへ行こう)
とりあえず、キャプストのライブはサイクー!ってこと。
あとはこれからは断然、レッツ 印象派!!だよね。

* * * * *

♪キャプテンストライダム*影の無い男

テーマはオーガニック・グルーヴだって
[PR]
by mocommune | 2006-11-18 00:00 | ライブ2006* | Comments(0)

最高のちょっと前 いつもたりないちょっととどかない

オイスカを捨ててゆらゆら帝国を見に行ってきました。
多摩まで(違います)(橋本です)。
そう、坂本さんの母校は多摩美です。
すごく寒くてびっくりしました。人もいっぱいいました。
なんていうか、坂本さんはわたしからは限りなく遠くてもいつでも認識できてしまう。
千代は垂れ幕の黒いのに被って認識できなかったし、一郎さんはどこにいるの!?という感じで、つまり、ゆらゆら帝国はいつもどおりかっこよかったです。
ゆらゆらのフリーライブは2度目だけれど、ライブの場が学祭、しかも無料だったためか、周りで常にざわざわしていたし、いつもには見られない激しいタテノリ(しかも世界旅行)やタコ物語での手拍子は、なんだかフェスっぽくて、いつもより集中できなかった自分を反省。
あとは、赤いズボンのあの顔面が、まさかあんな艶っぽい声で歌いだすとは思わなかったのか、坂本さんが歌いだすと、うぉー!とかきゃー!など奇声があがってました。
坂本さんは、あう!とかおう!等の坂本語をいつもよりサービスしていた気がしたし、ワンマンを久しく見ていないので、久しぶりに聞いたスウィートスポットからの曲や、恋がしたいがうれしかった。大丈夫、年末リキれますように。

美大だから、やっぱり一風変わった人や奇抜な“ソレ風な人”が多いのかな、なんて想像してたけれど、変わった人の8割がたはゆらゆら帝国のファンだったのかも。
普通でした、学生さんはみんな。一生懸命頑張っていたよ。
お酒を買うときに身分証明を見せてリストバンドを貰ったのにはびっくりしたけど。
花火もきれいでした。

* * * * *

♪ゆらゆら帝国*3×3×3

バナナの黒い点々はスウィートスポットと言わないらしいよ(絶句!)
[PR]
by mocommune | 2006-11-05 00:00 | ライブ2006* | Comments(0)

DOPING PANDA TOUR06 [DOPANISM]

b0042682_21393496.jpg季節によってこんなにも野音の雰囲気が変わるとはびっくりです。
6時開演なのにあたりは真っ暗。やっぱり青空から夕焼けに変わって暗闇に変わっていく夏の方が野音らしくってすてきかも。
でも、天気予報とは裏腹に、お天気になったのがよかった!
やっぱり、ドーパンが今年最後の野音のアクトだったようです。
ドーパンを初めて見たのは去年のエゾ。
しかも通りがかりにちょぴっとだけ見たわたしたちの感想が“意外と年食ってるからうまいne!”でした(ひどい)。
それが、今年の夏にひたちなかで体験してしまってから“野音に行きたい、野音に行きたい!”で、とうとう野音にきてしまったわけです。
ライブ回数を重ねるごとに、知っている曲が増え、楽しみ方も断然違ってきて。
あらやだ、わたしドーパンに恋をしてしまったよ(笑)(きもい)
ロックスターって、歌うまいよね。そして面白いよね。あと、小さいよね(ツボ)。
改めてかっこいいと思っちゃった。
それに、なぜかロックスターだけが衣装チェンジっていう待遇(ロックスターだから?)と、こっそり靴紐を結びなおす姿がかわゆすでした。
それにタロTのスラップ(っていうの?)さばきがなんだか神様みたいでした。
あとは、ドラムの人の顔面が普通にかっこよかったです。
お酒を飲んでぶんぶん踊っていたので記憶があまりないなんて秘密の方向。
楽しかった。もうそれでいいと思う(なにそのなげやり感)。だってその一言に尽きるんだも!
ドーパンは、この日がツアー初日なのに、東京では最後の公演らしく。
これでたとえAXやZEEPで追加公演やったとしても、お客さんは野音の半分位しか来ない、なんて自虐的なことをおっしゃってたけど。そんなことないと思うけどねー。
ではでは、幕張で会いましょう。
カウントダウンだったりするかもよ!?

どうでもいいようなこと
[PR]
by mocommune | 2006-10-29 00:00 | ライブ2006* | Comments(0)

レコードが回り出せば Hey Hey Baby Pop

b0042682_2274921.jpgファクトリー@きっかけはフジテレビへ行ってまいりました。
整理番号が17番だったのに、呼び込みの番号は400番台と大幅にずれ込んでおり(遅刻した)、チェックされる時に、スタッフに舌打ちされたりしました。リハーサルが遅れてるとかで、駐車場みたいな所で1時間程度待たされた挙句、水を用意しとけと言ったくせに水は配られたり、トイレに行っておけだの、余所見をするな、列を乱すなまっすぐ進めなどと言われましたが、じっと耐え収録に備えました。
カジくんはキュートでラブリー、ミドリは衝撃的。
髭ちゃんは楽しくて、ロックスターは相変わらずで、RIZEはなんだか懐かしかったです。
タダより怖いもはない拘束時間だけれど、いつでもどこでも楽しまなきゃ損だと強く思いました。

* * * * *

♪カジヒデキ*Hey Hey Baby Pop

テレビでやるのでざっくりと
[PR]
by mocommune | 2006-10-14 00:00 | ライブ2006* | Comments(0)

夜は朝まで陽気なパーティー

b0042682_19403736.jpgわたしにとっては髭ちゃんが罪な奴!


* * * * *

♪髭*ロックンロールと五人の囚人

須藤くんのズボンはパジャマでした
[PR]
by mocommune | 2006-10-13 23:00 | ライブ2006* | Comments(0)

止めた時間を元に戻すよ

b0042682_2048556.jpg
この、究極のツアーまZEEPご飯にこそ
揺るがない幸せを感じるのでした。
5人の放つ圧倒的なエネルギーの塊は、
あたしに襲いかかったと思えば、
やさしく包み込み、温かく穏やかな気持ちにさせました。
ちょっぴり、涙がでた。
今までで一番くるりが好きかも。それもさいっこうにね。
ついにここまできたのです。

* * * * *

♪くるり*ハイウェイ


すばらしい仙台旅行。
[PR]
by mocommune | 2006-10-01 00:00 | ライブ2006* | Comments(0)

ロックンロールは死刑 夢が覚めたらそれが合図

b0042682_12485139.jpgたらこの子供達が終わったと思ったらもう僕らの出番だよ(須藤談)ってそれはこっちのせりふですから!須藤くんのばか。
というわけで、ダーティーな世界からの招待状だったはずなのに、ダーティーをやらないって罠。なんで?でも須藤くんの赤いモケモケカーディガン。おもちゃっぽいサングラス。
いいよ、とっても。
あの面子からして、髭は最後だと思っていたので、買い物したりお茶したり結構有意義に時間を過ごしていて、そろそろじゃぁ…なんて向かっていたら、遠くから聞こえる白薔薇のデンデデンデデデ(ベースの音)。はぁ!?ギ・ョ・エー!
あたいのエイチアイジーイーが早くも始まってるというギルティーで幕を開けた今宵のイベント。
須藤くん風に言うと“今日は変わったイベントだね”。
一刻も早く中に入りたいのに、予想外のドリンク代の徴収にもたつくし(俺が)、人は溢れてて中に入れないし(満員電車のよう。出入り口は混んでるけど中は結構空いてる感じ)、間違いなく遅刻だし、たらこガールズは見れない(髭の次に見たい度高かった。自業自得だけど)しで、もうわけわかんない。
怒りが頂点に達したので、ドリンクも引き換えず、ドリンク券を入り口で返し(どんな嫌味だ!)髭が終わってすぐに帰りました。
だって人が!動かないんだもん、全然。何しにきたの?って言いたいくらいに全然。
見とれてたか、髭に。
君も、ダーティーな世界へ行ってみたいのかーい?(だからやらなかったんだってば)
しかもフロア内は圏外。誰とも連絡が取れずぷんすか(が、奇跡的に遭遇)。
前のでかい男子が邪魔で、須藤くんと斉藤くんしか見えなかったよ。ちぇっ。
ただ、5曲しかやらなかった割には、がっつり心つかまれちゃった感がありありだった。
しかし、あの地区でたらこが初ライブっていうのはいかがなものなんでしょう。

帰り際に、琉球ディスコの片割れと遭遇。
今から!?と思いつつ、思った以上に小さかった。

* * * * *

♪髭*ロックンロールと5人の囚人

た~らこ~た~らこ~
[PR]
by mocommune | 2006-09-28 00:00 | ライブ2006* | Comments(0)